オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

タグ:性的被害 ( 1 ) タグの人気記事

#We Too ワタシも賛同します! 痴漢もレイプも、世界への信頼を破壊する行為。それを取り戻して生きていけるように。




なぜ問題かわからない人にこそ、

聴いてほしい、届いてほしい。


断罪でなく、一緒に考えてほしいから。



なぜ被害者が声を挙げなくてはならないのか。








私は直接のレイプ被害に遭ったことはありません。




20年以上も前、未遂でした。


それでも、今ですらその性的被害の影響があります。





夜、自宅への帰路で、

電灯などが少ない暗い道を

通らなくてはならないので、

自宅に差し掛かる前に、必ず

イヤホンとショールを外します。


男性が後ろを歩いていると思わず身構えます。




「アラフィフ女の自意識過剰」と

言われるのかもしれませんが。


普通に自宅前の夜道を歩いてただけで

連続レイプ犯にヤラレそうになったり、

道路に頭をガンガン打ちつけられたり、

「そんな時間に出歩くのが悪い」だの

「殺されなかっただけ良かった」だの

言われて消耗したりとか、

そんなのはもう経験したくないんですよ。




あの時の自分は、連続レイプ犯にとっては、

ただの「次の獲物」に過ぎなかった。


欲望を晴らすモノとしてしか扱われていなかった。




「私だって人間だ。モノじゃない!!」。




それを言いたいだけなのです。







痴漢もレイプもいたずらも変質者も、

それが未遂だろうが何だろうが、

そんなつもりじゃなかろうが、

同意がなければ性被害。



それに遭ってしまったら、

その前と同じようには過ごせない。




全ての男性がそうじゃないと知ってるけど、

100%そう言い切れない体験をしてしまうと、

難しくなってしまう。



それまで暮らしてきた世界への信頼を

根底から粉々に破壊してしまう行為なのです。





それを本当にわかって欲しい。





そしてその事実を否定されたり、

挙げ句に断罪されたりしたら、

世界から二重に拒絶されることになるんです。







なぜ被害者たちが声を挙げるのか。



「なぜそんな昔のことを延々と言い続けるのか」と

言われるかもしれない。





それは、世界に対する信頼を

取り戻したいからなんですよ。



自分がモノとして扱われずに

生きたいだけなんですよ。








伊藤詩織さんの告発を応援したくて、

自分の体験をこのブログに書いた時、

驚くほど多くの方々が同様の体験をして

それを封印して生きて来られたことを

カミングアウトしてくれました。


PTSDに苦しんできたり、

忘れていた記憶を呼び覚まされた方もいました。



忘れないと生きられなかったし、

表出することも憚られたから。







だからこそ、

伊藤詩織さんが可視化してくれた声を、

賛同して語り始めた人達の想いを、

いま、活かさなくちゃと思うのです。






夜道でいちいち身を固くしなくてはならない。


いちいち男性を疑わなくてはならない。


そんなのはもう終わりにしたいんですよ。






自分が生まれてきたこの世界を、

これからも生きていく社会を、

一緒に信頼して生きてゆけるように。






想いを受け取り繋がることで、

変えていきましょう。







伊藤詩織さんたちが立ち上げたプラットフォーム

WeToo Japan 

Facebook、Twitterはコチラ。ぜひご一緒に!!▼




【当ブログ内関連記事】







byしゅくらむ



シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります

にほんブログ村  にほんブログ村 人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ  
                

by shuklm | 2018-03-26 23:13 | 性的被害・過労死・福祉など | Comments(0)