オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

2018年 03月 11日 ( 3 )

※追記※達成しました!!有難うございました!!【緊急拡散希望】本日24時〆切・2万筆まであと少し!!原発事故被害者の暮らしを守るため、国連人権委員会勧告の受け入れ求める署名




24時〆切時、最終的に20,302筆に達しました!!

20,302分の1になって下さった方々、
拡散いただいた方々、感謝いたします。

どうか少しでも事態が良くなりますよう…。





※追記9※ 23:34 20,087筆達成しました!!

有難うございました!!!


※追記8※ 23:23現在 ついにあと31!!!


※追記7※ 23:16現在 あと140!!


※追記6※ 23:10現在 あと285!!ラストスパートーー!!


※追記5※ 22:55現在 あと367ーーーーーー!! 


※追記4※ 22:43現在 あと610筆まで来ましたー!!!


※追記3※ あと724筆まで来ました!!


※追記2※ あと810筆まで来ました!!!


※追記※ あと905筆まで来ました!!





21:34現在

友人からの連絡アリ、急遽UPします。

締め切りまで3時間切りましたが、

あと1300筆以上足りないそうです。




とにかく署名と拡散お願いいたします!!



https://act.greenpeace.org/page/16936/petition/1?utm_campaign=Energy&utm_source=facebook&utm_medium=post&utm_term=EN_FB_thankyoupage>





**シェアココから***



国連人権理事会の勧告を受け入れて

原発事故被害者の暮らしをまもってください

東京電力福島原発事故から7年、

日本政府は、被害を受けた人々の暮らしをまもるどころか、人権を侵害しています。

被害者の声が反映されないまま、避難指示が解除され、賠償や住宅支援の打ち切りが強行されています。



しかし、被害を受けた人々が直面している状況を改善できる希望が見えてきました。

この11月、国連人権理事会による日本の人権審査で、国連加盟国4カ国が、原発事故被害者の人権状況を是正するように、日本政府に以下のように勧告したのです。*1



・避難者が帰還に関する意思決定に参加できるようにする、そのために「国内避難民に関する指導原則*2」を適用すること


・妊婦および子どもの権利を尊重し、放射線の許容量を年間1ミリシーベルトに戻すこと


・いわゆる自主避難者の住宅面・経済面の支援、健康モニタリングなどを継続すること


・福島原発事故の被災者や、原爆の被ばく者が保健サービスを利用できるようにすること




日本政府がこれらの勧告を受け入れれば、

状況の改善について措置を講じることにつながります。


日本政府が勧告を受け入れるよう、あなたも署名してください。

通常国会が始まる1月に外務省に提出します。

たくさんの署名を集めて、国会で議論してもらい、

日本政府に勧告を受け入れてもらいましょう。




*1日本政府は勧告の受け入れの可否について態度表明し、

その上で国連からの最終的な勧告は来年2~3月に採択される


*2「世界各地に存在する国内避難民の具体的な必要に対処する」ことを目的に、国内避難民の権利、国の責任を述べた国連の文書



2018年3月8日追記


外務省が勧告への返答を書面で公表しました。

原発事故被害者の人権に関する勧告については、4つの勧告をすべて受け入れることを表明しています。


しかし受け入れる反面、被災者に必要な支援を提供していると、実情と異なる説明をしています。

例えば、区域外避難者への支援については住宅支援が打ち切りになるなど、必要な支援ができているとは言えません。

被害者の声を無視した早期帰還促進政策を抜本から改善しない限り、この受け入れ表明はうわべだけのものになってしまいます。


勧告受け入れにとどまらず、被害者の暮らしをまもる政策に切り替えてもらうために、働きかけを続けます。


福島のお母さんが、あなたの署名をジュネーブで日本政府代表者に手渡します。

ぜひ署名してください。




放射線調査報告書『原発事故の写像ー浪江町と飯舘村における放射線調査』を発表


グリーンピースは、2017年9月20日から10月4日、飯舘村、浪江町の避難指示が解除された地域、および浪江町の帰還困難区域で行い、民家や森、道路などで合計数万カ所もの地点を測定。その調査結果をレポートにまとめました。


貼り付け元 <https://act.greenpeace.org/page/16936/petition/1?utm_campaign=Energy&utm_source=facebook&utm_medium=post&utm_term=EN_FB_thankyoupage>


***シェアココまで**********








byしゅくらむ



シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります

にほんブログ村  にほんブログ村 人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ  
                

by shuklm | 2018-03-11 21:34 | 沖縄・原発・震災など | Comments(0)

7回目の311に。「忘れていない・忘れたくない」の想いを込めて、はずせない映画2本。





▼映画「原発の町を追われて」より








1■映画「原発の町を追われて

~避難民・双葉町の記録」123部作■





友人の堀切さとみさんの監督作品です。




村役場ごと県外避難した福島県双葉町。

b0343370_12370149.png


「原発の町」だった故郷を、

その原発事故ゆえに

追われることになってしまった人たち。


そのひとりひとりに寄り添って、

6年間ずっとカメラを向けてきた

結晶の3部作です。




ぜひ伝えたいのは、監督のこの言葉。



***堀切監督コメント****


原発避難という、誰も経験したことのないことに

直面させられてしまった人々。


彼らは取り残された人たちなのではなく、

私たちの一歩先を歩いている。

私はそう思っています。


********




▼予告編







自主上映申し込み受付中です!

公式サイトはコチラから!!



▼問い合わせ先

http://genpatufutaba.com/?page_id=7


▼堀切さとみ監督FB

SatomiHorikiri

https://www.facebook.com/satomi.horikiri.1


▼堀切さとみ監督ツイッター

https://twitter.com/pecohorisato









2■映画「遺言~原発さえなければ~ 

福島の3年間・消せない記憶の物語」■



パレスチナやイラクなど

紛争地で生きる人々の姿を

追ってこられた豊田直己さん・

チベットの核実験場などを

取材してこられた野田雅也さんのお二人が共同監督。



震災翌日の2011312日、

ガイガーカウンターを携えて

福島県に駆けつけた2人が、

被災者に密着して撮り続けた

800日・3時間45分の記録。




原発に依存しない「日本一美しい村」

を築きあげてきた飯館村を襲った

汚染によって、全村避難が決定。




畜産家のリーダー・長谷川健一さんも、

35年手塩にかけてきた牛舎の

廃業を決意せざるを得なくなります。





「真っ暗闇の中を、ただひたすら

歩いてるんだ…」と語る長谷川さんに、

「ごめんなさい。どうしたらいいのか、

僕もわからない…」と、豊田監督も

画面の中で一緒に哭くシーン。


記録映画としてはあるまじき

なのかもしれませんが、

それはそのまま、観ている観客の思いそのものでした。






クラウドファンディングによって

2014年3月劇場公開が実現し、

「原発映画はヒットしない」という

「常識」を覆して各地で満員が続き、

今年は、今日311日から

ポレポレ東中野で再上映!!


そして同時に、

今日から高雄市での写真展も開始、

「台湾のNHKに当る局」や新聞でも紹介されたそうです。

ぜひシェアを!!



▼遺言Facebook

<https://www.facebook.com/yuigon.fukushima>


▼遺言HP 公式HP

http://yuigon-fukushima.com/


▼映画・予告編画像はコチラ








************






私自身、「遺言」のクラウドファンディングに

ごく少額ながら出資させていただきました。



原発を動かし続けるというのは、

こういう喪失を抱え続けるということ。



それをシェアしたいという

同じ思いが全国で広がっていったことが

今日に繋がっていると実感します。





同じ想いで繋がることが、現実を変えうる。





そして両作品とも余りにも長尺ながら、

それでもあまりにも魅力的な

双葉町や飯館村の人達に、

もう一度会いたくなるような映画です。




機会があればぜひ、

じっくり観ていただければと思います。




【当ブログ内関連記事】



4回目の、3・11。原発再稼働に賛成・容認・反対にかかわらず、すべての人に観てほしい映画「遺言~原発さえなければ」。






byしゅくらむ



シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります

にほんブログ村  にほんブログ村 人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ  
                

by shuklm | 2018-03-11 05:27 | 沖縄・原発・震災など | Comments(0)

「時間が足りなかった!」「続きやって!!」との声多数。またやっちゃう?ぶっちゃけちゃう?? シロウト×憲法学者×参加者クロスオーバートーク!!




310日「対話集会 

目前に迫った改憲提案をどう考えるか」

@東京都文京区立千石アカデミー




いや~面白かったです!!

憲法・安全保障などをめぐる

エキサイティングな3時間☆




お陰様で40名の大盛況!!


参加いただいたすべての皆さんと

ご一緒に創り上げた時間と空間でした。


本当に有難うございました!





▼前半のシロウト発言者 

ぶっちゃけtogethers☆

エントリーNo.1 秋元里文さん(詩人)

b0343370_03441626.jpg

▼個人的に宇野昌磨くんが好きなんで…スミマセン
b0343370_03454740.jpg



▼エントリーNo.3 丸山貴大くん(大学生)
b0343370_03425962.png
▼エントリーNo.3 桐山洋平くん(エンジニア)
b0343370_04203319.jpg


▼エントリーNo.4 野本 詩織(ワタクシです)
b0343370_03421460.png



司会の田幡くん、スタッフの皆さん、

お疲れ様でした!!





▼豪華ゲストの方々も、

お時間割いてくださり感謝です!!




気鋭の憲法論者で弁護士の倉持麟太郎さん▼

b0343370_04193226.jpg

▼自衛隊最前線部隊出身、
VFPジャパン(平和を求める元自衛官と市民の会)代表の井筒高雄さん
b0343370_04194887.jpg





b0343370_03463613.jpg


後半のグループ形式の討論も

大いに盛り上がり、

「え?!もう終わり??」との声に、

〆の主催者あいさつで君島さんから

「第3回もぜひやりましょう!」宣言も▼


b0343370_04241996.png






本日はすみません、

ちょっと力尽きて詳細をお伝えできないのですが(^^;)

ツイキャスアドレス末尾に貼りますので

チェックしてみて下さい☆




また皆さん、こういう場持ちたいですね~!!

来れなかった方もぜひご一緒に






▼ツイキャスはコチラから!

9条・憲法とは 録画ライブ

http://twitcasting.tv/democracymonst/movie/447632057


9条・憲法とは

http://twitcasting.tv/democracymonst/movie/447653793


9条・憲法とは part2

http://twitcasting.tv/democracymonst/movie/447666274






なお、

しゅくらむのプレゼン内容

「自衛隊にもPKOにも反対だったワタシが

考えを変えた理由~

中東からの声を手掛かりに、

PKO/自衛隊リアルと向き合う~」

については、後日、

分割してこのブログにUP予定です。


当日お話しきれなかったことや

一部修正箇所も含め、

お伝えさせていただきますね☆





でわでわ

取り急ぎご報告と御礼にて(^^)/





byしゅくらむ



シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります

にほんブログ村  にほんブログ村 人気ブログランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ  
                

by shuklm | 2018-03-11 04:30 | 憲法・国民投票・天皇制など | Comments(0)