オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

韓国の兵役経験者に聞いてみた・Part2;在韓米軍への複雑な感情、戦禍を望まない声




b0343370_12591225.jpg

▲神奈川新聞118日付「トランプ氏 必要なら軍事力行使」




武力行使で解決するのか??

韓国の人の思いは?



韓国人青年Kimさんへのインタビュー

何度も危機を経験してきた韓国。兵役経験者に聞いてみた・Part1;北朝鮮の隣で暮らし続けるということ。

の続きです








1■Q、在韓米軍の存在をどう思いますか?■





A: 

「韓国に米軍が駐屯し始めたのは、

太平洋戦争が終わった

直後からだと思います。



そのあと韓国は、

1950年 6.25戦争

(朝鮮戦争)が勃発して、

米軍をメインにした連合軍で

なんとなく収めることができました。



6.25戦争は、

韓国と北朝鮮の対立が

本格的に始まった節目です。





人それぞれ米軍に対する

違う見方を持っている

と思いますが、僕としては

何とも言えない状況であると

いいたいのです。



6.25戦争のときに

米軍がなかったら、

今の韓国はなかったのでは

ないか、と思っています。



だけどやっぱり、

韓国主体として何らかの行動を

とることが難しい現状は、

やっぱりどこか悔しい

ところがあります。




韓国人でもあり

アメリカ人でもある

僕としては、

白黒つけるには難しい

ところがある気持ちです。







2■Q、韓国の人が望む半島統一の形は?■


(韓国の人たちは

朝鮮半島とは呼ばないので、

半島と表記しています)





A: 

「やっぱり韓国人が望む

理想の統一の形は、

戦争をしないで

統一することだと思います。



キム政権が崩壊して、

武力を使わず平和に

統一することを願っています」







part3「日本の皆さんに伝えたいこと」に続きます】






byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
by shuklm | 2017-11-12 13:04 | 元韓国兵士が語るリアル・韓半島からの声 | Comments(0)