オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

続・蓮舫議員の「国籍問題」。自称「愛国者」として、もう少しだけ考えてみた。






■それってそもそもそんなに問題なの?? 




前回記事、なにか自分でも中途半端なことを書いてしまった気がして、

再トライしようとしていたところ、

論旨はコチラで整理して下さってました!↓




清 義明さん

2016年09月09日15:21 


法務省ですら事実上容認している二重国籍の禁止規定が、どれだけガラパゴスルールなのか考えてみる

http://blogos.com/article/189913/?p=1




結論としては、


国籍選択済なので二重国籍ではなく、

法的にはなんら問題ない。


現在の国籍制度の方が現実にそぐっていなくて、

法務省ですらその矛盾を認めている。


ということなのですが。





どーしても個人的に引っかかったのが、

この間のネットや報道でモンダイにされていた


「二重国籍なのかどうか」という設問それ自体です。



 ↓

「二重国籍でない事実を確認=

身の潔白を証明できたからセーフ」、なの??



仮に二重国籍だったとして、

だったらなんなのかなあ???と思うわけです。



もちろん一般人なら問題ないことが、

民進党の代表候補=総理大臣候補であれば

「日本のことを最優先に考えてくれるんだよね?」と、

ハードルが高くなるのは仕方ないとも言えます、一般的には。


だけどだからといって、国籍を理由に

家族までバッシングされるなんて、ありえない。


本当に恥ずべきことで、いたたまれない。





■「ルーツが単一でないコト」はモンダイじゃない



今回のことで、

「蓮舫議員は二重国籍じゃなかった、問題なし」

裏返すと、「二重国籍だとダメ」ってなってしまうのは、

ちょっと待て、と思うのです。


実際に今日日本で生活している多くの二重国籍の

人たちの存在を否定することになる。


自称「愛国者」としては、

もっとオープンで息のしやすい国にしていきたいと思うのです。




そもそも、「二重国籍を認めたら乗っ取られる」といった

主張が繰り返されることが意味がわからないんですよね。


天皇自身が、自分たちのルーツに朝鮮半島出身者が入ってるって言ってるのに??

じゃあ天皇家を通じて日本は朝鮮に支配されてたというんでしょうか??


宮内庁HP 日韓ワールドカップ関連の天皇のコメント(問3)

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h13e.html



むしろアジアという「一衣帯水」の大きな文化的繋がりの中で、

様々なルーツを持つ人たちと一緒に創って来た歴史を

大事にすべきなのでは??


少なくとも私は大事にしたいです。





■「少数者と連帯し誇れる国に」ノルウェー国王のスピーチが秀逸


ヘイトとレイシズムが溢れる現在、

様々なルーツのひとたちと一緒に、

これから先どうやっていくのか?


ぜひ見ていただきたいのが、コチラ↓



****FEMNEWSさんのブログよりシェア******


2016年 09月 03日

ノルウェー国王のスピーチ録画、277万回再生される



ノルウェーの国王が、木曜日、園遊会で行ったスピーチがすごいらしい。

翌日にはfacebookのシェアが100万人以上になったという。

さきほどクリックしたら、277万回になっていた。



Youtubeに、NRK(ノルウェー公共放送)の英字幕付き録画が出てきたので、

ハーラル国王の力強いスピーチのさわりを、私なりに訳した。



「ノルウェー人は、北方から、中東から、南方から、

いや、あらゆる地域からやってきました。


ノルウェー人は、アフガニスタン、パキスタン、

ポーランド、スウェーデン、ソマリア、シリアから

やってきた移民でもあります」



「出身はどこか、国籍はどこか、簡単には言えません。

祖国とは、心がここにあると思うところです。


祖国は、いつも国境の内側にあるわけではないのです」



「ノルウェー人は、女の子を愛する女の子です。

男の子を愛する男の子です。


そして、お互いに愛しあう男の子と女の子なのです」



「ノルウェー人は、神を信仰する人であり、

アラーを信仰する人であります。

全てを信じる人(汎神論)、

何も信じない(無神論)人もいます」



「ノルウェー人は、グリーグ(Grieg)、

ヒューゴ(Kygo)、ヘルビレス(Hellbillies)、

カーリ・ブレネス(KariBremnes) が好きです」



「つまり、ノルウェーはあなたがたであり、

私たちなのです」



「わたしの最大の夢は、お互いが助け合って、

この国をさらに信頼と連帯と寛容さにあふれる国にすることです」




国王が、難民、同性愛者、イスラム教信仰者など

少数派との連帯を、多数派に向かって吐露したのだ。


このような国王のスピーチを聞くことのできる国。

ウーンやっぱり、I Love Norway!


facebook_nrknyheter_videos




貼り付け元 <http://frihet.exblog.jp/25951389>





*****シェアココまで********




別に「ノルウェー素晴らしい!日本遅れてる!」とか

自虐的に言いたいわけではないですよ、念のため()




「わたしの最大の夢は、お互いが助け合って、

この国をさらに信頼と連帯と寛容さにあふれる国にすることです」。



シンプルに、こんな国を目指したいなあと思いませんか??







■「誰かを排除するのは愛国じゃない」




とはいえ、無条件に国という枠組みに回収されたり

「愛国心」ににスポッとハマるのも気持ち悪いというか、

全体主義を警戒してちょっと落ち着かない。



ワタシ自身、長らく日本人という属性は邪魔で、

「日本人である自分」は好きではなかったのですが。


中東・アラブ・イスラムの人たちから、

「同じアジアの兄弟」「平和国家日本」に向けて

寄せてくれている想いを知り、

それに応えたいと、

はじめて「日本というナショナルな枠組み」の

自覚的な活用を考えるようになりました。



同じ国に住んでいる人間同士、

あるいは他の国や地域の人たちとも、

相手の存在を否定したり損なったりせずに、

一緒に暮らしていきたい。


「ワタシは日本人で、自分も自分の国がスキだ」、と

もうちょっとフツーに言いたいんですよね。


右も左も関係なく。




元一水会代表の鈴木邦男さんの「愛国」についての指摘、

全くその通りだと思います。↓↓


「日本人は日本には四季があって富士山があって素晴らしいというが、

どの国の人も自分の国を素晴らしいと思う。


中国もロシアも米国も韓国も嫌いで、

日本だけを愛するというのでは本当の愛国心とは言えない」


http://www.47news.jp/smp/47topics/postwar70/turning-point/post_20150506143708.html





自分のふるさとには誇りを持ちたい。


けれど、

今回のようなレイシズムやバッシングがまかり通るようでは、

残念ながらとてもじゃないけど誇れない。



「だから日本はダメなんだ」と呪うのではなく、

少しでも誇れるところに変えていこうよ。


誰もが胸張って一緒に生きていけるところにしていこうよ、と


ありきたりかもしれないけれど、やっぱり言いたいのです。







【当ブログ内関連記事】


201528UP

「日本の友人たちよ、道を誤ってくれるな」。日本人だからこそ出来ることがあると教えてくれた、中東からの眼差し

http://syuklm.exblog.jp/24109189/






byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
by shuklm | 2016-09-10 19:49 | ホロコースト/ヘイトのこと | Comments(0)