オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

空気読まずに書いてみる。「天皇個人の意思」に寄りかかってはイカンのよ。







「生前退位」を表明したビデオメッセージをきっかけに、

天皇制と退位問題がにわかに話題に。


ビデオメッセージの中で、

明仁天皇が「象徴」というワードを7回使い、

8月15日戦没者追悼式典の談話では、

去年初めて使った「過去への深い反省」を

再度盛り込んだことについて、

「だから天皇の意思を尊重すべきだ!」

という声が大きくなっているんですが。



ちょっとさすがにそれはマズいんじゃないかなあ、と感じたんで、

あえて書いてみます。




ねえ、「本当は天皇はそう思ってる!」

てゆうのは、政治利用だよ??


たとえそれが100%の善意に

基づくものだったとしても。





いやもちろんワタシも、

天皇の言葉のひとつひとつには

グッとくるものがありましたよ。


政治家や著名人のあまりにチープな

その場限りの言説が氾濫する中で、

「どうか受け止めてほしい」という

語りかけに胸打たれた人は多かったでしょう。





そしてただ言ってるだけでなく、

被災地慰問とかペリリュー慰霊とか、

「政府や首相がどんなにダメでも

天皇がいてくれるから救われる」っていう意味で、

国民の象徴としての役割は

最大限果たしてきてくれたと思う。




で、発言の意図も、

「天皇は平和憲法・9条堅持を望んでる」

「象徴天皇と明言したことは、天皇を

元首とする自民党改憲案を牽制した」

っていうのも、多分そうじゃないかとは思いますよ。




けどね、だとしてもね、

いやそうであればなおのこと、

「天皇の気持ち」に寄りかかってはいけない。


「この印籠が目に入らぬかー!!」って

根拠に使ってはいけないのよ。





なぜなら、

「天皇は本当はこう思ってるはずだ!!」っていうのは、

「天皇の気持ちを誰よりわかってるのは俺だ!」

「天皇は俺の気持ちもわかってくれてるはず!!」

っていう思考回路に容易に結びついてしまうから。




仮に、今後の天皇が真逆で、

軍事イケイケなコト考えたらどうするのか?

「その気持ちを忖度」するのか??

軍事イケイケの人々にまさに政治利用されちゃうでしょ。



そーゆー「アブナイ天皇」の気持ちは忖度しないけど、

「リベラルな天皇」の意図は忖度するのだとしたら、

それこそ「恣意的な運用」になってしまうじゃないですか。




えてしてそういう政治利用されやすいからこそ、

天皇個人がどーゆ―意思や希望を持ってようが

それによって左右されないというのが

「象徴天皇制」なわけで。





つまり、天皇個人の希望や人格は

一切無視するっていう意味で、

そもそも「天皇制」ってかなり

非人間的なシステムなわけですよ。



職業選択の自由もないし、

居住の自由もない。

基本的人権は認められてない。




だから今すぐ天皇制辞めろとか

そんなこた思ってないですが。


ただ、そーゆー制度だってわかった上で、

続けるならどーゆー形で続けるのか

考えようよ、と言いたいわけです。





少なくとも、

ひとつだけハッキリしていることは、

天皇家の命運を握っているのは、

わたし達主権者だということ。




それが「主権在民」。




その重さと怖さを自覚して、

ちゃんと使わないといけない。


ホントにもう他人事では済まされない。





天皇個人が、今現在できる裁量内で、

最大限の誠意と努力を示してくれたことに対して、

わたし達の側が最大限のリスペクトを持って

どれくらい誠実に応えることが出来るのか、

ひとえにそれにかかっていると思うのです。








byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。

筆者が知数少ないアラビア語です。

ここでの出会いと、ここまで読んで下さったことに感謝をこめて。

シュクラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 


by shuklm | 2016-08-21 21:57 | 憲法・国民投票・天皇制など | Comments(0)