オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

【閑話休題】イスラエル入国の件。中学英語でも、なんとかなりました。





ちなみに。

自身は、自慢ではありませんが、

アラビア語もヘブライ語も全く出来ません。


英語もせいぜい中学レベルの、

それはもうヒドい代物です(笑)。

そして今も全くレベルアップしていません)。




市民交流ツアーに参加しての訪問だったので、

現地で団体行動中は、通訳がついてくれました。


しかし単独行動のは、大汗をかきながら、

ブロークン英語と身振り手振り総動員でした。






イスラエル入国の際、

ベングリオン空港でのこと。


現地でツアーに合流するため、

一人での入国でした。




「安全がすべてに優先する」というイスラエルへの入国審査

大層大変なのは聞いてはいたのですが、

案の定、セキュリティーチェックの係員に

個別に呼び出されて、別室で足止め。



隈なくボディチェックされ、

リュックの中身全て机の上に取り出された上で、

男女の係員が何人も入れ代わり立ち代わりで、


「何の目的で来たのか?」

「どこに行くのか?」とか、

厳しい口調で詰問されました


が、もちろん正確な内容なんて、

ほとんど理解できません。




数日前に、日本人NGOが空港で

入国拒否されていたので、

「ここまで来て追い返されてたまると、

とにかく粘りました。




エルサレムとオリーブ山を見に行きたいんです。

あと、ベツレヘム生誕教会。

イスラエル軍が包囲してたけど、

包囲が解かれたって聞いて、

今、見たいと思って!」とか

いろいろ考えてきた理由を言ってみましたが、

相手は、途中からしきりに首を振ったりしています





いよいよ、雲行きが怪しい。





ついには上席らしい係員が現れ

これを見ろ。お前はこの一行だろう」と、

なんと合流予定のツアーの参加者リストを示されました。




「こりゃもう、しらばっくれても無駄だな」と

をくくりました


こうなりゃ後は、押しの一手しかない。





「だったらなんなの?(So What?)」と開き直って、

「なんで私は入国できないのか?!

(Whycan't I entry?)」と、

ワンフレーズを延々と、

ひたすら繰り返し続けました。


(これが英語表現的に正しいのか、

いまでも不明です。

どなたか教えて下さいませ)




4時間も経った頃でしょうか。



ついに係員もウンザリしたのか、

面倒臭そうに机の上の荷物を

こちらへ押しやってよこしました。






通過!




「なんとかの一念、岩をも動かす」と

いうヤツですね。

中学英語でも、気合でどうにかなるものです。






こうして、先に入国を果たしていツアー本体

エルサレムで合流し

そのままパレスチナ自治区

トゥルカレムへ向かいました。






着いた~!エルサレム~!!

(パレスチナ自治区の土産物店で買った

カレンダーより。エルサレム旧市街)


※市民交流ツアー全行程:

パレスチナ自治区(ラマラ→エルサレム→トゥルカレムジェニン難民キャンプ)

イスラエル(死海、エルサレム、テルアビブ)

パレスチナ自治区(ガザベツレヘム→ドゥヘイシャ難民キャンプ→ヘブロン)。




私はトゥルカレムへ向かうところから合流し、

主にエルサレム旧市街(パレスチナ自治区側)を拠点に、

各地へ移動しました。

なお、ラマラ・ガザなど一部の行程には私は参加していません。





これまでパレスチナ自治区中心に書いて来ましたが、

これからいよいよ、イスラエルサイドへ向かいたいと思います。






※タイトル改題し、文章一部加筆しました(2015.7.8)


byしゅくらむ


by shuklm | 2014-10-31 19:36 | 閑話休題 | Comments(0)