オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

ジェニンにて8・戦車に包囲された夜【前篇】




投下される夜間照明弾。

 不気味な音と光を放っていた。(筆者撮影)

b0343370_13205141.jpg

On June 8th,2002, Jenin Camp, WestBank,Palestine




20026月7日夜。

パレスチナ自治区、ヨルダン川西岸地区

ジェニン難民キャンプから

数キロのザバビダ村にて。







夜の闇の中で。




宿舎の窓からは、山の方に

次々と花火のような明かりが

落ちていくのが見えました。





見たことがない音と光。




「夜間照明弾だ」と誰かが

教えてくれました。




「もしかして、ヤバいのかな…?」

とは思いながら、

その危険性は、本当には

実感できていませんでした。








日付が変わって、深夜

零時過ぎ頃だったでしょうか。




宿舎2階のロビーで話し込んでいると、

参加者の一人が、

酔っ払いに負けないように大声で、

宿舎職員の伝言を通訳するのが

聞こえてきました。





「みなさーん、

静かにしてくださーい。


 戦車が来てまーす」。





「はい??」






初めは何のことかわからず、

皆ポカンとしていました。






そこへ、

ツアーコーディネーターの

パレスチナ人が、

物凄い勢いで階下から

駆け上がってきました。






「皆さん、すぐ窓際から離れて!! 



この辺りは戦車に包囲されています。


動くと標的にされるので、

電気を消して。


道路側の部屋の人は、

内側の部屋に移ってください!!」





大慌てで大移動が始まりました。






「大丈夫、落ち着いて。

こんなのいつものことだから」と言う彼に、


「いつものことなの??」と

突っ込みたいのをこらえて、

私たちは廊下を走りました。






内側の部屋に移りましたが、

とても眠るどころではありません。






【次回に続きます】




byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


Commented by J at 2014-10-21 17:37 x
リアルだね。
そして危険だね。
Commented by shuklm at 2014-10-21 20:00
コメント有難うございます。
今から考えると結構キケンな状況だったと思われるんですが。実はその時は、平和ボケというか、「正常性のバイアス」というやつか、照明弾見てもピンときてなかったんですよ、恐ろしいコトに。
by shuklm | 2014-10-20 06:34 | パレスチナ自治区 現地レポなど | Comments(2)