オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

ジェニンにて2・ひしゃげた車椅子、無言のメッセージ





2002年6月7日、午後。


パレスチナ自治区 

ヨルダン川西岸地区、

ジェニン難民キャンプにて。

b0343370_13214010.jpg



OnJune 7th,2002, Jenin Camp, WestBank,Palestine

破壊された民家の壁2階部分

ひしゃげた車椅子が残されていました▼




「車椅子だけここにある

っていうのは、どういうことなんだろう。


この車椅子を使っていた人は、

どうなってしまったんだろう…」。 





無言のメッセージを放っている

ようで、目が離せませんでした。





何を伝えようとしたのか。



ここにいた車椅子の住人が

死んだということなのか


こんなに車椅子が変形するほどの

攻撃だったということなのか


逃げる間もなかったということなのか


イスラエルゲリラ戦闘員のみ

攻撃したと言っているが、

こんな障害を持った人も

犠牲になったということなのか




そのすべてなのか。






民家は無人で、誰も確かめる

ことはできませんでした。







▼この破壊された住居には、

立ち入り禁止のためか、「×」マークが付けられていました。

b0343370_22182950.jpg


倒壊の危険性のある建物に

「×」マークを付けるのは、

日本でも自然災害に遭った時に見かけます。



しかし、自然災害でない証拠に、

通りの向かい側のビルは、

ほぼ無傷でした。

b0343370_13312816.jpg






車椅子を掲げた人は、

この×マークを付けた人は、

いったいどんな思いだったのか。






かつての我が家、あるいは

近所の人が住んでいた家や、

見慣れた景色が破壊されたとしたら。





自然災害ですら、どうしたって

どうにもならないやりきれない

気持ちになるのに。




ましてや、相手が人間だとしたら。





その相手に、何の感情も

抱かないことが可能でしょうか。






私には、無理です。





(写真はすべて筆者撮影)



【次回へ続きます】


byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村



by shuklm | 2014-10-10 06:33 | パレスチナ自治区 現地レポなど | Comments(0)