オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

ジェニン難民キャンプへ・2。悪路で助けてくれたパレスチナの子どもたち






20026月7日、午前。


市民交流ツアーメンバーは、

サレム村でバスを降りて、

2キロ先のロマーナ村経由で

ジェニン難民キャンプを目指しました。





ツアーメンバーの中には、

車椅子の利用者の方2名も含まれていました。



舗装などされていない、

石や砂利だらけの坂道。


車椅子は車輪をとられて、

とてもそのまま

押して進むことなど出来ません。




そこで、細く裂いたシーツを

四方から車椅子に結び付け、

4人で車椅子ごと持ち上げて支えながら、

坂を下っていきました。





私自身も途中まで車椅子を持ち上げたり、

取っ組んでいたのですが、

介助にまったく不慣れで、

足手まといでしかありませんでした。






見渡す限り人家も木陰もなく、

直射日光を遮る物のない、

50度近い炎天下。







汗みずくで悪戦苦闘していた一行のもとへ、

どこからともなく、

78人のパレスチナの

子供たちが集まってきて、

行く先に転がる大きい石を

手で拾ってどかしたり、

外側に蹴りだしたりして、

車椅子が進むのを

手伝ってくれ始めました。






ようやく平坦な場所に出ると、

給水タンク車が待機していました。




さらに進むと、タクシーが到着し、

車椅子利用者の2人に乗るよう促します。






「いや、頼んだ覚えはないが?」と言うと、

両方とも、子供たちが呼んでくれたそうです。




自分たちもイスラエル兵から狙撃される危険性があるというのに。








午後1時。


ついに、ジェニン難民キャンプに到着。





あの子達がいなかったら、

行き倒れていたかもしれません。





上がる息を押さえて御礼を言おうと思った時には、

もう姿は見当たりませんでした。







【次回へ続きます】



byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


by shuklm | 2014-10-05 15:05 | パレスチナ自治区 現地レポなど | Comments(0)