オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

ツアーという「下駄」をはかせてもらって、現地へ。






ここのところ、時事的な話題に

反応した記事が多くなりましたが、

実は、自分が現地で体験したことは、

まだ半分も書けておりません。




ここは、また本編に戻って。

自分が「実際に見たこと・聞いたこと」を

書いていきたいと思います。






2002年6月。


私がパレスチナ・イスラエルを訪問できたのは、

長年パレスチナへの医療支援等に取り組んでこられた

団体が中心になって主催された、

市民交流ツアーのおかげでした。




広く参加者を公募して実施されたこのツアーには、

日本各地から、色々なバックグラウンドを

持った方々が参加しました。





ツアーでは、パレスチナ自治区の

ヨルダン川西岸地区・ガザ地区の両方を訪問。


イスラエルでは、エルサレムで

平和団体との交流などを行いました。






私自身は、ガザへ行くプログラムには参加せず、

一人でテルアビブに滞在していました。


そのため、イスラエルの日常に接する機会を得ました。





また、パレスチナ人コーディネーターのおかげで、

個人的にイスラエルの兵役拒否者と

交流することもできました。





そのことも順々に書いていきたいと思います。







なお、このブログで書いていることは、

すべて私個人の考えです。



ツアーの公式見解でもなく、いかなる団体・

組織の意見でもありません。



主催者ご了承の上、ツアー報告書を

一部引用させていただいていますが、

引用の仕方も含め、一切が

私個人の責任ですので、

あらかじめご了承ください。






(で…、ようやくこの地図を正しく使う時が来ました…笑


私が訪問したのは、を付けた箇所:

トゥルカレム、ベツレヘム、ヘブロン、

ジェニン難民キャンプ、エルサレム、テルアビブです)▼

b0343370_19052239.jpg






2002年当時の状況を、少しだけ説明しますと。





2001年9.11後。ブッシュ米大統領が

「テロとの戦争」を掲げたのに乗じ、

イスラエルのシャロン首相は

「パレスチナ人はテロリスト」とレッテルを張り、

2002年3月、ヨルダン川西岸地区へ

軍事侵攻を開始しました。




当時まだ存命だった

パレスチナ自治政府のアラファト議長は、

西岸地区ラマラにある議長府で

イスラエル軍に包囲されて軟禁状態に。



4月には、ジャーナリストが締め出され、

ジェニン難民キャンプが

大侵攻にさらされました。




一方で、イスラエルで

「パレスチナ人への抑圧に手を貸したくない」と、

兵役を拒否した若者たちのことが

日本でも大きく報道されました。



また、3月にたった一人で

現地を訪問した森沢典子さん

(「パレスチナが見たい」著者)の報告メールが、

日本中を駆け巡っていた時でもありました。





私自身、「戦争の時代」が広がっていくのを

なんとか止めたいと平和運動に取り組んでいて、

彼らの存在に展望を感じ、

勇気づけられていました。





そんな時に、「日本の市民に出来ることをしよう」

というこのツアーが呼びかけられたのです。

即決で申し込みました。

(まあ、この時点で、

「ちょっと衝動的な市民」、ですかね。笑)





それでは、

読んで下っている皆様と一緒に、

これから、ジェニン難民キャンプへ

向かいたいと思います。


ジェニン難民キャンプへ・軍事境界線を越えて





※「次回からは、『食で現地を支える』をお伝えしたい」

予告させていただいていましたが、

ごめんなさい、変更させてください m(__)m  

まずは現地のことをちゃんと

お伝えしてからと考え直しました。


オオカミ少年にならないよう、

今後はなるべく予告を控えるようにします…




byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


by shuklm | 2014-09-30 18:39 | パレスチナ自治区 現地レポなど | Comments(0)