オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

思い出の、現地ごはん。その1・絶品!ファラフェルサンド

閑話休題。

パレスチナ・イスラエルの現地フード

お気に入りをご紹介します。






フムス(ひよこ豆のペースト)



「見た目はマッシュポテトに似ていないこともない」

Wikipediaにもある通り、外見はそっくり。



 実は、ニンニクとかオリーブオイルとか

ハーブやスパイスが何種類も混ぜてあって

味になんともいえない深みがあるので、

コレだけで、いくらでもペロペロ食べられてしまいます(笑)。




▼写真はWikipediaより拝借しました

b0343370_12460493.jpg
By Paul Goyette
Paul Goyette - https://www.flickr.com/photos/pgoyette/235999644/





■ファラフェル:フムスのコロッケ



▼写真はWikiより拝借しました








ファラフェルサンド:

フムスのコロッケ(ファラフェル)をピタパンに挟んだラップサンド。





現地で定番ファーストフード・

ソウルフードと言えば、

何をおいてもまずはコレだそうです。



 

これがもう絶品に美味しいんです!




現地では、食堂や屋台とか、

どこででも食べられるようです。


その場で好きな具材

フムスやトマトやキュウリなど)を選んで、

ピタパンに挟んでもらってました。


(イメージとしては、サブウェイの

サンドイッチをオーダーするみたいなカンジですね)









お好みで野菜を多めにしてもらったり、

オリーブピクルスを抜いてもらったり、

たっぷりソースをかけてもらったり。





私は、ひたすら極限までフムスを

詰め込んでもらってました。


かぶりつくと、はみ出してこぼしそうになり、

「そりゃいくらなんでも無理だろ」と、

パレスチナの人たちには相当笑われましたが…(笑)。








ちなみに、

イスラエル領域でも食べられましたが、

値段は自治区と比べるとちょっと割高。





テルアビブに滞在している時も、

これが食べたくて食べたくて、

夕方に一人でフラフラ街を徘徊して、

不審な目を向けられました…。





byしゅくらむ


by shuklm | 2014-09-18 21:21 | 閑話休題 | Comments(0)