オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

「ほぼ、隔日刊。パレスチナ・イスラエル」

b0343370_13222714.jpg
on June 7, 2002, in Jenin Camp, WestBank,Palestine

200267日、パレスチナ自治区。 

ヨルダン川西岸地区、ジェニン難民キャンプにて 著者撮影


この7月から、毎日毎日、パレスチナとイスラエルについて、暗いニュースと、展望の見えない解説が繰り返されました。


気が滅入ってしまう、そんな時に、

ほんの少しでも、マスメディアと違う現地の姿を目にしたり、違う面を知ったりしてもらえれば… と思い、無謀にも始めたこのブログ。

停戦が続いていることは歓迎すべきことなのですが、目に見える大きな戦闘が収まると、またフェードアウトしてしまうことを危惧しています。


「自分たちは世界中から見捨てられていると感じることが、何より辛い」と、パレスチナの人たちは口々に語っていました。

一方で、攻撃や占領に反対するイスラエルの良心的な人達の思いや、普通に暮らしているイスラエルの人達の声にも、現地で触れました。


彼らの声が、置き去りにされてしまわないように。


ほんのちょっとだけ、数日に一度、1分でもいいから、現地に思いを馳せる。

ほんの少しだけ、自分にも思いを巡らせる。

そのための、「小さな窓」でありたい、と願っています。


リアルタイムの報道でもなく、コラムとさえ呼べない、本当に吹けば飛ぶような、ささやかなこの場ですが。「ほぼ、隔日刊 パレスチナ・イスラエル」というカンジで、「忙しい方でも、1分で読める記事」を目指して、あえてささやかに続けていきたいと思っています。引き続き、お付き合いいただけますと幸いです。




※お蔭様で、開設1か月少々で、2,000アクセスいただいておりました。

 本当に有難うございます。

 現地へ関心を寄せる方がいて下さることを、嬉しく感じています。

 背中を押していただいた思いで、ブログランキングに登録などしてみました。

 一人でも見て下さる方がいらっしゃる限り、それを支えに、

 とりあえず思うところを書き尽くすまで、やっていきたいと思います。


byしゅくらむ


by shuklm | 2014-09-17 21:19 | オトナの自由研究 | Comments(0)