オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

なぜ「停戦」が「和平」につながらないのか? その2






私が市民交流ツアーでパレスチナ現地を

訪れた2002年当時、

毎日の生活に必要な水さえも、

イスラエルがすべて管理している占領下。




ガサの住民は、イスラエルから水を買わなくてはなりませんでした。




しかも1日の割り当て量が決められていて、

パレスチナ人は、15リットルまでしか買うことができない。

イスラエル側は180リットルまで使用できるのに。




災害時に必要な備蓄として、

人間が生きるために必要な水は、

13リットルと言われています。


15リットルでは、何人もの家族が

生きていくだけでも大変なことです。


畑を潤すこともできません。






また、ガザの人たちは

満足に漁にも出られませんでした。


豊かな地中海の漁場が、目の前にあるのに。





イスラエルの制限で、ガソリンが

日常的に不足しているために、

自分の船があるのに、

燃料がなくてエンジンが動かせなかったのです。





なすすべなく、ただ毎日浜辺で、

無念な思いで海を見つめることしかできない漁師たち。



その姿は、以前、

ジャーナリストの古居みずえさんが

レポートされていました。







2002年、交流ツアーでガザ地区を訪問した友人に対して、

ガザの人は語っていたそうです。




「(当時)80%の人々が貧困ライン

以下、失業率は65%以上。



失業中の親が、イスラエル兵に理由なく

逮捕されたり殴られたりするのを

日常的に見ながら、子供たちは育っていく。

 

『父親は稼げないばかりか、

家族の安全も守れない』と失望して、

やがて自分から家を出て、

学校にも行かないでストリートで稼ぐようになり、

さらに武器を持って戦うようになる」と。









これが、イスラエル占領下の現実でした。




【次回に続きます】 
b0343370_11570590.jpg
June 2002   Tulkarem,WestBank,Palestine
2002年6月、ヨルダン川西岸地区 トゥルカレムにて、著者撮影。
最近、障がいをもって産まれてくる子供たちが増えているという。
占領との因果関係は証明されていない。
でも、彼女はそんなことには関係なく、屈託のない笑顔を向けてくれていた。





byしゅくらむ


by shuklm | 2014-08-31 11:07 | エルサレム・和平・国際監視 | Comments(0)