オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

パレスチナ自治区にて。「難民キャンプ」って、どこ…?




b0343370_19052239.jpg

(手書きのマーキングですみません…)





ヨルダン川西岸地区の、

トゥルカレムやジェニンなど、

いわゆる「難民キャンプ」を

訪問したのですが。





最初到着した時は、

「え、キャンプってどこ? 

ココなの??」と一瞬わかりませんでした。





そこは、3階建て位の

コンクリートビルが立ち並び、

道路は石畳やアスファルトで

舗装された、立派な「街」でした。





「キャンプ」という言葉の

イメージとは全く違っていて、

病院・学校・警察署もあり、

電気・ガス・水道などの

インフラも整備されてました。


病院や学校は、日本の援助で

設立されたところも沢山あるとのこと。





テレビやインターネットも標準装備。




住んでいた家から緊急避難

してきた当初は、

文字通りテントを張ったキャンプ

だったのかもしれませんが、

一番古く「避難民」となった

世代から数えれば、

もう4世代もそこで暮らしている

家族もいるわけで。






考えてみれば当然なのですが、

やっぱり、行ってみないと

わからなかったことでした。




byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村



by shuklm | 2014-08-20 07:08 | パレスチナ自治区 現地レポなど | Comments(0)