オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

パレスチナ自治区にて・救急車から引き出される患者






救急活動ができない。

学校が攻撃される。


それは、パレスチナでは、

今に始まったことではありません。



12年前も既に日常でした。







2002年6月、ヨルダン川西岸地区。

移動中のバスから見た光景。



▼検問所前の装甲車

b0343370_18371101.jpg




▼検問所で、赤新月社

(赤十字社のアラブ版)の救急車が、

停止させられていました。

(救急なのに!)

b0343370_18501569.jpg



イスラエル軍兵士は、

救急隊員を降ろさせ、

ドアからボンネットまで全部開け、

「爆弾が入っていないか」

念入りにチェック▼

b0343370_18391314.jpg



▼この患者は、

ストレッチャーごと引き出され、

炎天下で15分以上も

放置されていました。

(救急患者なのに!)

b0343370_18183410.jpg





現地の赤新月社の人の話では、

パレスチナでは、イスラエル軍の

妨害のために、救急車が現場に

到着できる確率は10%くらい。


それでも、「赤新月社は

患者を区別しない。

イスラエル人も同じように

救命している」そうです。



byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


by shuklm | 2014-08-10 18:53 | パレスチナ自治区 現地レポなど | Comments(0)