オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

カテゴリ:イスラム建築・アートなど。( 3 )

大人テイスト☆ ユニクロがイスラム教徒向けファッション展開!



これ素晴らしいですよ!




デザイナー自身がイスラム教徒(ムスリム)。


でもそれを前面に強調するんじゃなくて、すごくナチュラルな色遣いやシルエット。



大人テイストだしオシャレだし、

ムスリムじゃないケド、私も着たいかも







***シェアココから**




「ユニクロが始めるイスラム教徒向けファッションが素晴らしい」

執筆者: Krithika Varagur



ハフティンポスト 2016年2月19日付より拝借▼

b0343370_23022427.jpeg




日本のファッション大手ユニクロは、

2月後半からアメリカの店舗で

「モデスト・ファッション

(控えめなファッション)」ラインを展開する。


イスラム教徒の女性に向けて、

頭髪を隠すヒジャブなどを販売する予定だ。↓↓


http://www.huffingtonpost.jp/2016/02/18/uniqlo-nail-muslim-fashion_n_9269056.html?ncid=fcbklnkjphpmg00000001





***シェアココまで***




思ったんですけど、これって、

手術で頭髪を剃った患者さんとか、

副作用で髪の抜けたガン患者さんとかも使えるんじゃないでしょうか。


いろんなシーンで見かけて、

当たり前の光景になるといいなあ。







byしゅくらむ



シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。

筆者が知数少ないアラビア語です。

ここでの出会いと、ここまで読んで下さったことに感謝をこめて。

シュクラム!




↓よろしかったらポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ


by shuklm | 2016-02-19 23:04 | イスラム建築・アートなど。 | Comments(0)

超美麗モスク「東京ジャーミイ」!〜イスラム建築と静寂の調和にひたる



温かな日差しに誘われて、

「小旅行」体験はいかがですか?



東京ジャーミイは既にさまざまな媒体で紹介されていますので、

ココでは個人的イチオシに絞ってお伝えします。






教会や仏堂にも通じる空気感



私自身は現在まったくの無宗教なのですが、神社・寺院・仏閣・教会など、

宗教を問わず静謐な場所が大好きでして。


ステンドグラスを通して降り注ぐ青い光に満たされた空間は、

とても心地よいものでした


b0343370_15034914.jpg

▼アングルや光源や時間によって、全く違った表情に。
b0343370_14595150.jpg

b0343370_14524460.jpg

▼しばし、日々の喧騒から遠ざかってリラックス。

b0343370_19180029.jpg



都会の真ん中とは思えない静かでゆったりとした時間が流れていて、

壁にもたれて吹き抜けの天井をボーっと見上げているだけで、

いろんなことをリセットできる感じです。


禅寺に近いかも。

b0343370_19070750.jpg


キリスト教系の学校に通っていた連れ合いと一緒だったのですが、

「教会と同じ雰囲気だった」という感想を言ってました。


私は、中国の仏堂に行った時に、見上げるような仏像の姿に思わず額づいて祈っていたことを思い出していました。



「人々が大切にしている空間」「聖なる場所」って、

国や宗教にかかわらず、

どこでも共通した雰囲気が流れているというか、

同じ空気に包まれるカンジがしますね。






■至るところに、緻密なデザインと職人芸が!




建物を彩るのは、アラベスク(植物をモチーフとした紋様)や、

幾何学紋様や、

カリグラフィ(アラビア書道)。




中でもこのシャンデリアはアラビア文字を型どったデザインなのですが、

b0343370_15005906.jpg


角度を変えて寄っていくと、開いた花のように見えたり…

b0343370_19185197.jpg


真下から見上げると、雪の結晶の形になってます! 

b0343370_19222998.jpg


ちなみに天井ドーム中心の円形のマークの中も、

カリグラフィー(アラビア書道)なんですね。

新体操のリボンがヒラヒラひるがえっているような部分もアラビア語。

ホントに芸術的!

b0343370_21424574.jpg




▼この螺鈿細工の精密なこと!

「細かい手作業とか大スキ」な人間には、

たまりません(笑)

b0343370_19314593.jpg
▼礼拝堂の扉の意匠に釘づけになって、なかなか室内へ入れなかったり(笑)
b0343370_14515427.jpg




ここで全貌をご紹介することなど到底無理なほど、

アートとしての見どころも満載です。


大変月並みな感想ですが、

本当に一見の価値アリ、です。




暮れ時の外観もなかなかですよ▼

b0343370_15113923.jpg

b0343370_15115269.jpg

見学は、毎日朝10時から夕方18時までOKとのことです。



「東京ジャーミイ・トルコ文化センター」HPはコチラ↓

http://www.tokyocamii.org/ja/


「見学のご案内・「礼拝場見学に関する注意事項」をチェックの上で、

行かれることをお勧めします

http://www.tokyocamii.org/ja/info-ja/rules




(今回の写真は、一部連れ合いのものを拝借しました。全く同じ場所でも、人によって随分違うものが撮れることが分かり、個人的には発見2倍でした)
※文章の順番を入れ変えました(2015.3.31)


byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。

筆者が知数少ないアラビア語です。

ここでの出会いと、ここまで読んで下さったことに感謝をこめて。

シュクラム!



↓よろしかったらポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村  人気ブログランキングへ


by shuklm | 2015-03-31 07:54 | イスラム建築・アート・宗教のことなど。 | Comments(0)

超美麗モスク「東京ジャーミイ」に行ってみた!〜春のお出かけスポットにおススメな3つの理由。

モスク内のドーム。

角度や位置によって、

さまざまな表情を見せてくれる。

b0343370_18554414.jpg
新しい出会いの季節! 
いつもとちょっと違う春へ出かけてみませんか。


おススメ理由その1

手軽に異文化体験ができること。


新宿から急行で1駅、

駅から徒歩5分と、

アクセス抜群。



扉をくぐれば、

そこは静寂に包まれた別世界。



本場トルコの職人さんたちが手掛けた本格的モスクで、

アートとしてのイスラム建築も堪能できます


b0343370_19340921.jpg


現地でいただいたパンフレット。
新宿のビル群を背に建つ塔と円形ドームが、
不思議な調和を成す。

b0343370_19511995.jpg




おススメ理由その2

気軽に見学・質問できること。


トルコ共和国在東京大使館所属で、

トルコ文化センターが併設されています。


イスラム教徒である日本人ガイドの方が、「イスラム教ってそもそも何?」といった素朴なギモンにも、

丁寧に答えて下さいます。

b0343370_19161093.jpg


おススメ理由その3◼︎

イベントに参加すると、2倍楽しめる!


講演会やチャリティバザーなど

さまざまなイベントが折々に開催されています。


興味のあるイベントを選んで参加すれば、

通常の見学ツアーも両方体験できるので、

お得感2倍☆



ちなみに今週末にも

レクチャーが開催予定とのこと。


トルコのスイーツとチャイのサービスもあるそうですよ


(HPアドレスを末尾に貼らせていただきました)

b0343370_07263056.jpg




私が訪問したのは、先月2月22日。


折しも、日本人人質が殺害されてしまった事件の直後の時期で、

イスラム教への誤解や偏見を解くために

「イスラームを知る講演会」が

連続企画されていました。


この日も大勢の方々が参加されており、

関心の高さが伺えました。

b0343370_19072654.jpg


2月22日のテーマは、

「日本と中東諸国の交流史ー戦前編ー」。


『テレビでアラビア語』の元講師

リーム・アハマドさんが講演。


日本と中東の繋がりが紐解かれていて、

大変興味深い内容でした。




さらに講演の後に、

トルコのスイーツ・バクラバとお茶をいただき、

日本人職員の方のガイドでのモスク見学ツアーもあり、

礼拝の様子まで見せていただいて、

許可を得てドーム内部の写真も撮りまくり。




いや~、実に盛り沢山で、

大満足の1日でした。





今回見聞したことについては、

次回以降、以下数回に分けて

詳しくお伝えしていきたいと思います。


その1イスラム建築美と静寂の調和にひたる〜建築物&アートとしてのモスクの魅力


その2あらためて、イスラム教ってどんな宗教? 何が誤解されてる?


その3古代から現代まで、知られざる日本と中東の交流史







東京ジャーミイ・トルコ文化センターでは、礼拝に参加しなくても見学は随時可能とのことですので、

お気軽に覗いて見てはいかがでしょうか。


「扉は、いつでも開かれています」とのこと。



大通りに面した、ジャーミイ入口のドア。


2階の礼拝堂ドームへは外階段からも1階からも上がれますが、

初めての方は、この扉をはいって1階の受付(トルコ文化センター)へ

お声掛けするとスムーズです。

b0343370_19030592.jpg

詳しくは、

「東京ジャーミイ・トルコ文化センター」HPでどうぞ

http://www.tokyocamii.org/ja/


見学のご案内・「礼拝場見学に関する注意事項」をチェックの上で、

行かれることをお勧めします

http://www.tokyocamii.org/ja/info-ja/rules





※なぜ「春にオススメなのか」が書かれていなかったので、青字箇所を補足させていただきました。言葉足らずですみません!(2015.3.27)


byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。

筆者が知数少ないアラビア語です。

ここでの出会いと、ここまで読んで下さったことに感謝をこめて。

シュクラム!



↓よろしかったらポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ


by shuklm | 2015-03-27 07:57 | イスラム建築・アート・宗教のことなど。 | Comments(0)