オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

カテゴリ:シリア人の友人のこと・難民・シリア関係( 21 )

お疲れの夏肌に!シリア伝統の「アレッポの石鹸」で全身ケア☆ 〜母国の平和を願うシリア難民の手作り〜






オリーブオイルと月桂樹たっぷり。


千年来の伝統的な製法で1年がかりで

作り上げられた、シリア名産の「アレッポの石けん」▼

夏の紫外線や乾燥で疲れたカラダをレスキュー。

ボディまで、全身コレ1個でOK!

b0343370_17445007.jpg



トルコに避難したシリア難民の職人さん達が、

母国に平和が訪れることを願いながら

誇りを持って製造しているとのこと。



応援したくなるじゃないですか!



b0343370_21145079.jpg



▼「ハラブ(アレッポ)石けん」ノーマルタイプ。

アシンメトリーなカタチも、手作りならでは。

パッケージを開封する前から、芳醇な香りが漂います

b0343370_21143884.jpg


※なお使用感はしゅくらむの個人的主観です。

使用時の状況や体質によって個人差があるかと思いますので、

あくまでご参考になれば※






リンス要らずで便利!


髪をよく濡らして石けんでワシワシ泡立てると、

柔らかくてきめ細かい泡と、

何とも言えない良い香りに包まれます。


肌に近い成分のオレイン酸が豊富なオリーブと、

コンディショニング成分の月桂樹で滑らかに。


使い始めは少しキシキシ感が

気になるかもしれませんが、

慣れると健康な地肌とサラサラの髪が

気持ちよく感じられてきます。


リンス無しだとどうしても気になる方は

トリートメントだけ足しても良いかも。

せっかくなのでノンシリコンの天然素材モノをおすすめします)





全身しっとりツルツルで快適!


ワタシは髪で泡だててて、

そのまま全身洗っちゃってます

顔もつっぱらずにしっとり洗い上がりますよ〜


スポンジやネットで泡立てる場合は、

洗面器に張ったお湯を少量ずつふりかけながら

泡立てると上手くいきやすいです。


お湯で落ちるメイクなら、

クレンジング不要でカンタン時短。


フェイスソープ・ボディソープ・

シャンプー・リンス・クレンジングの

在庫管理が要らないので、おサイフにもやさしい!

(ずっしり200gで500円はかなりリーズナブル♡)


いいことづくめです☆





◆最後はオリーブオイルに戻っていく◆


使い終わり間近には、石けんがとろけて、

綺麗なエメラルドグリーンのゲル化状態になっていきます。


見慣れない形状で驚かれるかもしれませんが、

これも人工添加物を一切使っていないゆえ。


オリーブ本来の自然な色彩に、最後まで癒されてくださいませ。



▼色鮮やかなオリーブと月桂樹が原料

※写真は「らでぃっしゅぼーや」パンフレットより

拝借させていただきました※

b0343370_21150476.jpg




◆難民応援というより、自分が助けられてる◆


私自身は、現在アトピー悪化で、

カサカサ・真っ赤な肌の痒みと向き合っているのですが、

刺激の心配なく使えるので本当に助かってます。



パレスチナ産品などを使う時にも思うんですが、

厳しい環境で生長してきた植物たちや、

過酷な状況を生き抜いている人たちから、

チカラを分けてもらってる。

そんな感じです。



自分が健康でハッピーになることで、

彼らの生業を支え、希望を増やすことができる。


今回、シリアとの素敵な縁を届けてくださってる

会社さん・職人さんたちすべてに感謝です!!



「アレッポの石けん」オンラインショップ

クロスロードトレーディングさんのHPはコチラ▼

http://crosroad.com/







【当ブログ内関連記事】


シリア&パレスチナの製品で現地支援&元気チャージ!


▼コチラのオリーブ石鹸もおススメ!

母の日のプレゼントに!パレスチナ産オリーブオイルの石鹸のギフトセット♪ ※追記アリ※


▼夏バテ・夏風邪・足の疲れetc…お疲れケア集めました

重い話題の後だからこそ。パレスチナ産ハーブで、夏疲れケアをどうぞ。


▼自分にご褒美って言ったらやっぱコレでしょ!地ビール最高(^^

和平継続を願って醸造された「タイベビール」。その名もズバリ、アラビア語で「美味」!!


▼シリア人留学生の友人のこと、パレスチナ産品レシピ等まとめました。

よろしければこちらのカテゴリーからご覧ください。

シリア人の友人のこと・難民・シリア関係

パレスチナ産品&レシピ






【ブログ夏休みのお知らせ】



アトピー治癒が落ち着くまで、しばらくお休みをいただきます

(いや別に待ってねーし、と言われればそれまでなんですが苦笑)。


「北朝鮮危機」以降、状況に対応するのに必死で

自分のペースを見失いがちだったこともあり、

ちょっと立て直したいと思います。


自分が書こうとしていたことを見失わないよう、

次回ブログINDEXを記しておいてから…と思っております。


もしよろしければ再開を気長にお待ちいただけると

大変有り難いですm(__)m





byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
by shuklm | 2017-07-24 20:29 | シリア人の友人のこと・難民・シリア関係 | Comments(0)

6月7日サッカー日本代表シリア戦に寄せて。内戦下、シリアと日本を繋ぐ希望・3つ。






北朝鮮報道にかき消されてしまっていますが、

忘れたくない、シリアのこと。





67日、サッカー日本代表と

シリア代表の国際親善試合も開催されます。


シリアでまた平和の中でサッカーができる日を願って。






1■母国の平和を祈って作るアレッポの石鹸、難民キャンプで製造再開!■





嬉しい知らせです!



内戦により製造が中止されていた、

シリア伝統の「アレッポの石鹸」が、

トルコに避難した人達の手で、

再び作り続けられているそうです。



有機野菜の宅配「らでぃっしゅぼーや」

の先月のカタログに、

この石鹸を日本で販売している

ガザールさんのインタビューが掲載されていました。



b0343370_19082932.jpg




***シェアココから***




シリアのアレッポで、オリーブと

ローレルの天然由来素材を用いて

窯焚き製法で作られていたアレッポ石けん。



内戦の影響で約200社あった石けん工場は分散し、

現在ではトルコなどの地で、

難民生活を強いられる人を雇い入れながら

作り続けられているそうです。





有限会社クロスロード トレーディング

ガザールさん(シリア・ダマスカス出身)



「トルコではシリアの約3倍の物価ですが、

価格は据え置きのまま頑張り、

難民でもあるアレッポの石けん職人が、

自立しようと異国で奮闘している現状を

多くの皆様に伝えていきたい」



「この石けんが皆様に愛されていることは

私共石けん職人にとって誇りです。


母国の平和を祈りながら

石けんを作りを続けてまいります」。





****シェアココまで*******



※らでぃっしゅぼーやで取り扱い中!

(取り扱い時期はランダムです)※





この石鹸の利益は、IS等の資金源にはなっていません。

シリアの人たちの自立に直接繋がります。



なにより、使い心地がバツグン!!

顔・髪・ボディすべてに使えてスベスベになりますよ~




アレッポの石けんオンラインショップ

クロスロードトレーディングさんのHPはコチラ▼

http://crosroad.com/


b0343370_19085002.png








2■シリア人ひとりひとりのメッセージに耳を澄ませて■






b0343370_19094883.png

▲「シリア支援団体サダーカ」さん




7年も続く内戦の困難な中でも、

最も支援が届きにくい東アンマンに

避難しているシリア人の家庭を訪問して、

可能な限り想いを聴きとりながら、

寄り添った支援を継続されています。




「シリア難民」と一括りにされてしまうけれど、

ひとりひとりの名前と生活と物語がある。




今後もメルマガやFBで、活動報告や

インタビュー掲載予定とのこと。

ぜひチェックして応援していきましょう!



Facebookはコチラ▼

https://www.facebook.com/sadaqasyria.jp/?ref=ts&fref=ts








3■シリア難民の子どもたちにも夏休みを!■





「国境なき子どもたち」さん主催の

緊急募金のお知らせ▼

https://donation.yahoo.co.jp/detail/5045003/




日本の子供たちにも、

シリアの子供たちにも、

安心して暮らせる夏休みを。






*****





日本とシリアが繋がっていると感じられること、

それこそが、平和への希望を紡いでいると信じて。






【当ブログ内関連記事】


内戦下・シリアで咲く日本の桜が、平和への希望に。

サミット開幕・シリア問題で忘れたくない視点、私たちにできるコト。


シリア難民のこと、シリア人留学生の友人のこと等まとめました。

よろしかったらこちらからご覧ください。

カテゴリー「シリア人の友人のこと、シリア関係」▼

http://syuklm.exblog.jp/i10/


カテゴリー「サッカー・W杯・スポーツと政治」はこちら▼

http://syuklm.exblog.jp/i11/





byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
by shuklm | 2017-06-06 20:03 | シリア人の友人のこと・難民・シリア関係 | Comments(0)

地味にTwitterもやってます。





b0343370_21490357.png



最近は、シリア人の友人の言葉 特集。



#シリア

#シリア人にきいてみた

#シリア人の声 


など、つぶやいてます。



b0343370_21214099.png









b0343370_21434986.png
b0343370_21441226.png
b0343370_21263572.png






b0343370_21482989.png






シリアだけでなく、他の時事ネタも

折々に触れていきます。




よろしかったらフォローお願いします☆▼

https://twitter.com/shukrum17moya


b0343370_21320610.png




byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
by shuklm | 2017-04-13 21:59 | シリア人の友人のこと・難民・シリア関係 | Comments(0)

シリア私見・アメリカのミサイル攻撃を巡って:シリア人の友人の言葉を手掛かりに。





神奈川新聞 4月8日付1面

「米、シリア政権軍攻撃 

空軍基地にミサイル59発

化学兵器使用断定 

首相、支持を表明」▼

b0343370_07561680.png

神奈川新聞 ネット記事はコチラ「カナロコ」から

http://www.kanaloco.jp/sp/article/243027

http://www.kanaloco.jp/sp/article/243149

http://www.kanaloco.jp/sp/article/243104




今回のミサイル攻撃のきっかけとなった

化学兵器で双子の子らを亡くした

若い父親の映像を、私も観ました。



彼の嘆きに、贖う言葉など

見つかるはずもなく。





同時に、では中東で何度も

繰り返されてきた今までの犠牲は

何だったの?という思いも湧きます。





だからといって、

「もっと早くやるべきだった。

どんどんやれ」という反応には

到底賛同できないし、


「北朝鮮のことがあるから、

シリア空爆OK」という追認も

違うと感じます。





一番問題だと思うのは、肝心の、

多くのシリアの人たちの思いが

聴こえてこないということです。





シリアの未来は、シリアの人たち

自身で選択できるようにすべきはず。





どうすればそれが可能なのか?






簡単に言えることじゃないのは

百も承知してますし、

私は中東問題の専門家でも

研究者でもありませんが、


シリア人の友人の言葉や

識者の思索などを辿りながら、

わずかでもそれを探っていきたいと思います。







■「祖国が破壊されるのも、アラブ人が傷つけられるのも望まない」■






現在時点で、化学兵器を使用した

犯人は不明です。


仮にそれがアサドでなかったとしても、

アサド政権に問題がないなどと

言うつもりはありません。




イラク戦争前、

日本に留学していて知りあった

シリア人の男性も、

「長年民主化を弾圧してきた

アサドは酷い大統領」

「選挙はあるけど出来レース。

結局は世襲の独裁だよ」と憤っていました。




しかし一方で、悲しい表情で

こうも言っていました。


「だけど、だからと言って、

アメリカの好き勝手にされるのは困る。


これがすごく難しい問題なんだ」




「(アメリカに攻撃されたら)

私が帰る国がなくなってしまうかもしれない。


それは本当に耐えがたいことだよ」




「なにより私たちはアラブ人だから。


サッダーム(フセイン)のことは

皆大っ嫌いだけど、

同じアラブ人が傷つけられるのは

誰も望んでないよ」、と。








■シリア人の望まぬ内戦を激化させたのは■





そもそも今のシリアの混乱の元を

作ったのはアサドだけではない。



b0343370_22415674.jpg



ジャーナリスト重信メイさんによると


シリア民主化を求め声を挙げた人達が

「腐敗の改善や自由を願ってきたのに

いつのまにかアサド政権を倒すという

目的にすりかえられ、自分たちの

運動が乗っ取られてしまった」と

語っていたそうです。




重信メイさん著『「アラブの春」の正体 

―欧米とメディアに踊らされた民主化革命』

201210月発行・角川oneテーマ21新書)▼

b0343370_22414200.jpg




その混乱に乗じてISやアルカイダ等の

「外国勢力」が入り込んで泥沼化したという論証▼

b0343370_22420924.jpg





シリア人が誰も望んでいなかった内戦を

煽ってきたのは、

メディアと欧米によってつくられた

「独裁者アサドVS民主化勢力」という

報道にあったというという指摘は、

無視できないものだと思います。







そして何より、ISを養成してきたのが、

他ならぬ欧米だったという事実も。


中東研究家・板垣雄三さんが指摘されています。

20153月発売「DAYS JAPAN」より▼

b0343370_22405132.jpg
b0343370_22410746.jpg




もともとはアサド政権を転覆させるために

「反政府勢力」に、武器と資金と

武装訓練を投入してきたのは欧米だと。

b0343370_22412661.jpg






そして今、ロシアとアメリカの介入で

複雑化し出口が見えない。





どこから道筋をつければいいのか。








■ロシアはなぜあんなにもシリアを支えるのか?■






国際政治学者・高橋和夫さんが、

ロシアにとってのシリア問題の

重要なポイントについて

解き明かされていました。


それは2つ。


①シリアにいるロシア人同胞の安全確保


②チェチェンへの飛び火を防ぐこと





BLOGOS 2015118日付

「シリアに軍事介入 ロシアはなぜアサド政権を守ろうとするのか?」▼

http://blogos.com/article/143457/






***一部抜粋・シェアココから**





”ロシアとシリアの関係は外見よりも深い。

それは1950年代のソ連時代にさかのぼる。”



”ソ連は1950年代中盤に兵器の供給を通じて

エジプトやシリアなどのアラブ諸国に接近した。


兵器の供給は、兵器を操作する要員の訓練を必要とする。


多くのシリア人の青年が訓練のためにソ連に送られた。


例えば、その一人にハーフェズ・アサドというミグ戦闘機のパイロットがいた。

後にシリアの大統領となった人物である。

現在のバシャール・アサド大統領の父親である。




ソ連に送られたのは、軍人ばかりではなかった。”


”シリアを含むアラブ世界からの留学生の大半は男性であった。

そして留学中にロシア女性と恋に落ち、

多くのアラブ人がロシアの花嫁を伴って帰国した。


シリアの場合、その数は2~3万と推定されている。


その結果、子供まで含めると数万のロシア系の人々が

アサド政権の支配地域に生活している。

ロシアとシリアを結ぶ人間的な絆である。


ロシアのプーチン大統領にとっては、

シリア問題の重要なポイントは同胞の安全確保である。”





”もしアサド政権に対してイスラム急進派が勝利を収めれば、

チェチェン人は、その余勢を駆って帰国しロシアでの闘争を激化させるだろう。


プーチンにしてみれば、この面からも急進派の勝利は阻止したい。”





***シェアココまで****







私のシリア人の友人も、

日本の大学院へ留学する前、

ロシアに留学し、現地でロシア人女性と結婚していました。




まさに、ここに登場する

「ロシアが同胞と見なすシリア人」

にあたります。





日本の大学院を卒業後、シリアに帰国、

その後音信不通となってしまった友人が

今回のアメリカの空爆等を含めた

内戦下で、生き延びているのかもわかりません。



その彼も、ロシアが「助太刀」で

祖国を破壊してほしいなどとは

望んでいなかったと思います。








■「アサドを倒せばOK」か?■






「アサド独裁政権を倒せばすべて解決」

とか、そういう問題ではない。





そうしたことを踏まえたうえで、

日本は何が出来るのか。




少なくとも、「悪い政権」を

武力で転覆させて入れ替える

という欧米の常套手段を、

戦後日本は採ってこなかった。



ロシアとも欧米とも違う位置があった。




それを「とにかくアメリカ支持」で

簡単に投げ捨ててはいけないと思います。






そして、

「北朝鮮のことがあるから、

いざという時にアメリカに守って

もらうためには、シリア空爆もOK

という主張は、あまりにも非道だし、


「日本の安全のためになるかどうか」

という判断基準を持ち出すのは、

間違っているのではないでしょうか。





なぜ日本の安全のために

シリアの人たちの命が

差し出されなくてはいけないのか?





もしそれを是とするのなら、

冒頭の若い父親の嘆きを、

繰り返してよいと宣言するのと等しいのです。







【当ブログ内関連記事】


【シェア】「楽園」だったシリア。内戦前の鮮やかな写真の数々。▼

http://syuklm.exblog.jp/25140579/


シリア人留学生の言葉2。イラク攻撃直前にきいた、「イラクと独裁者と中東の民主化」のこと。▼

http://syuklm.exblog.jp/24177306/


シリア・「乗っ取られた」民主化の声。▼

http://syuklm.exblog.jp/24243586/


その他、シリアの難民・支援・映画のことなどをまとめました。

よろしかったらこちらからご覧ください▼

カテゴリー「シリア人の友人のこと・難民・シリア関係」

http://syuklm.exblog.jp/i10/





byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
by shuklm | 2017-04-08 22:38 | シリア人の友人のこと・難民・シリア関係 | Comments(0)

サミット開幕・シリア問題で忘れたくない視点、私たちにできるコト。






世界中の多くの人がシリア内戦終結を願っているのに、

なぜこんなにも長く解決しないのか?


それを考える時に、忘れないでおきたい視点。




▼5月2日付 NHKニュース「おはよう日本」より

b0343370_20245379.jpg



難民になることもできず、

生計を維持することも困難な現地の人たちが、

月収の高い戦闘員になっている。


わざわざ内戦なんて続けたくない。

だけれども、

消極的選択の末に、戦闘に加担せざるを得ないという現実。



****




▼5月2日付 NHKニュース「おはよう日本」より


シリア名産・アレッポ産の石鹸が入荷



シリア支援でずっとかかわっている日本の業者

「(あの内戦の中から)よく送って来てくれていると思います」

「やっと届いた。嬉しいですね」


5年におよぶシリア内戦
b0343370_20245228.jpg


4割以上が月収100ドル以下


生活が苦しい人たちが、月収が高い戦闘員に

b0343370_20535190.jpeg



東京外語大学 青山弘之教授

「生きていくために必要ならば、

武器を取らざるを得ない。


(アサド政権側の)民兵になったり、

離脱して外国で生計を立てたり、

場合によっては(武装勢力の)戦闘員になったりする。

b0343370_20245494.jpg

すべて消極的に(選択が)行われていると

理解してあげる必要がある」。




続く負の連鎖




千葉県の 石鹸輸入・製造会社社長 ガザール勇さん

b0343370_20541919.jpeg



b0343370_20552277.jpeg


少しでもシリアの生産者たちを支えたい





*****




シリア名産・アレッポの石鹸は、コチラで入手できます。

日本の老舗業者「アレッポの石鹸」さん↓

http://aleppo.jp/



伝説のビア&カフェ「新宿ベルク」でも売ってます

ワタシも大好きなお店!↓

http://www.berg.jp/


その他、「有機野菜の宅配・らでっぃしゅぼーや」でもふていき取り扱いアリ。





アレッポの石鹸は、シリアの人たちにとって貴重な収入源。

購入は、現地に関心があるというしるしになります。

少しでも現地を支えることが出来る。


シリアに日本からも想いを届けましょう!!









byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。

筆者が知数少ないアラビア語です。

ここでの出会いと、ここまで読んで下さったことに感謝をこめて。

シュクラム!



↓よろしかったらポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ


by shuklm | 2016-05-25 21:20 | シリア人の友人のこと・難民・シリア関係 | Comments(0)

内戦下・シリアで咲く日本の桜が、平和への希望に。




先日、偶然見た番組で、

シリアに100本もの日本の桜が

植樹されていること、


そしてそれが、現地の人たちの

心の支えになっていることを知りました。





****シェアココから


NHK 「これでわかった! 世界のいま」 201643日放送

「花見を夢見て シリアから春の便り」 より ***

b0343370_20242281.jpg


b0343370_20242202.jpg

佐藤義隆さん

「シリア人の友達が、

コーヒーを朝飲んでいるときに

『ダマスカスに桜があったらな』

と言ったんです。


b0343370_20242296.jpg


それを聞いて、

桜並木がいっぱい、

ダマスカスの街なかに見えてきて、

それを実現しようと思い、

帰国しました」


b0343370_20242363.jpg





その後、計100本を植樹。



b0343370_20242316.jpg




「毎年、これから今回は100本だけど、

その次の年は200本…と思って。


向こうの人たちも、

『シリア中を桜でいっぱいにしよう』

と言ってくれたんです」




b0343370_20242454.jpg





「向こうに行っている時には、

紛争なんか、

全然予兆すら感じなかった」


b0343370_20242464.jpg




内戦になってしまったシリアから、

友人の手紙と写真が届いた。



b0343370_20242489.jpg




【尊敬する佐藤さん


桜の木は無事です。


b0343370_20242583.jpg


桜の息吹は私に生きる力や

心の癒しを与えてくれます。




b0343370_20242532.jpg



そして平和への希望を抱かせてくれます。





出来る限り私たちはこの桜を守っていきます。

b0343370_20263913.jpg



いつかこの桜の下で、

一緒にお花見する日を夢見ています】


b0343370_20272862.jpg








今年も桜の木はつぼみをつけ、

花咲くのを待っている。


b0343370_20280478.jpg






佐藤さん


「こうやって残っているのを見ると、

すごく嬉しい。

b0343370_20284229.jpg


1本でも2本でも残っていてくれて

咲いてくれればいいなと思っています。

b0343370_20292502.jpg



平和になったら、

もっともっとまた桜を植えます」


b0343370_20302017.jpg






*******







その日が来ることを、私も心から願います。






【エキサイトブログ内関連記事】


【シェア】「楽園」だったシリア。内戦前の鮮やかな写真の数々。↓

http://syuklm.exblog.jp/25140579/






byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

by shuklm | 2016-04-07 20:17 | シリア人の友人のこと・難民・シリア関係 | Comments(0)

【シェア】シリア難民がベルギーのために祈る。「私たちは一つだ と彼らは訴える」





ぜひ拡散をお願いします!





HuffPost Japan

シリア難民の人々はベルギー連続テロをどう感じているのでしょうか?


「私たちは一つだ と彼らは訴える」

https://www.facebook.com/HuffPostJapan/videos/617280368426449/








****シェアココから (文字起こしはしゅくらむ) ****







30人を超える死者が出た連続テロ



難民の彼らはブリュッセルに祈りを捧げている



私たちは一つだと彼らは訴える






(シリア難民の男性)


「今回も来たことはとても悲しい。

ここにいるみんながそう思っています。


私達は同じ理由でシリアやイラクから逃れてきました。

私たちも過激派組織『イスラム国』や自爆テロのせいで祖国から逃げてきたのです。


私達は同じ運命なのです」





いまも約12000人が難民キャンプで生活をしている





(シリア難民の女性)


「私たちはテロリストではありません。

だからきっと影響は受けないでしょう。


私達は何かを爆発したりテロリストになる為に

ヨーロッパへ行きたいのではありません。


祖国で起きている戦争や攻撃から逃れたいだけです。

不当な扱いから逃げようとしているだけなのです」





ヨーロッパでの生活を目指す彼らは

テロが未来を奪うのではないかと心配している





(シリア難民の女性)


「ベルギーで起きたことは私たちにとても大きな影響を与えました。

人々はもっと私たちのことを怖れるかもしれません。

もっと厳しい取り締まりがなされるかもしれません」






***シェアココまで****





「私たちも、ISや自爆テロから逃れてきた。

私たちは同じ運命なのです」。



本当にその通りだと思います。


私たちは同じ願いを持ち、

同じ世界を生きているのです。





【当ブログ内関連記事】

カテゴリー「シリア人の友人のこと、シリア関係」↓

http://syuklm.exblog.jp/i10/



byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

by shuklm | 2016-03-25 08:22 | シリア人の友人のこと・難民・シリア関係 | Comments(0)

2月28日、Nスぺで「シリア難民支援」放映!





2月28日(日)21時から放映予定の

NHKスペシャルにて、

シリア難民の支援に尽力する

UNHCR日本人職員の活動が

紹介されるそうです!





▼国連UNHCR協会のニュースレターより

b0343370_13403973.jpg


byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。

筆者が知数少ないアラビア語です。

ここでの出会いと、ここまで読んで下さったことに感謝をこめて。

シュクラム!



↓よろしかったらポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ


by shuklm | 2016-02-27 13:41 | シリア人の友人のこと・難民・シリア関係 | Comments(0)

【シェア】「楽園」だったシリア・内戦前の鮮やかな写真の数々。





底抜けに明るくて、いつもジョークを

飛ばしていたシリア人の友人が、

日本にいる間、よく言っていました。




「すごくいいところだから、

ぜひいつか僕の祖国に遊びに来て。


日本人なら、どこでだって大歓迎だよ」。





その言葉を交わしたのは

もう10年以上も前のことですが、

彼が見せたかったのは、

きっとこんな風景だったのだろうと思います。






スプートニクニュースさんによる、

眩しい街並みや人々の暮らしの写真19枚。

ぜひご覧になってみてください。





***シェアココから***








▼「スプートニク」2015年11月30日 より

b0343370_13221887.jpg



「失われた楽園:2011年に内戦が始まる前の繁栄するシリア」↓


http://jp.sputniknews.com/photo/20151130/1248676.html#ixzz3t4I95rlx





最近までシリアは世界に開かれた世俗国家として発展していた。


シリアで古代遺跡が爆破されるなんて、誰も想像できなかった。



シリアでは戦前、ファッションショーが行われ、

市場は賑わい、

リゾートや古代遺跡に観光客が訪れ、

そしてカジノさえも平和で、

フレンドリーな、偉大な国だった。







****シェアココまで***






【当ブログ内関連記事】


シリア人留学生の言葉2・イラク攻撃直前にきいた、「イラクと独裁者と中東の民主化」のこと。↓

http://syuklm.exblog.jp/24177306/


シリア人留学生の言葉3・友人が日本を去る時に語ったことは。↓

http://syuklm.exblog.jp/24196766/



【当ブログ内関連カテゴリー】


その他、シリア難民のこと、シリア映画のこと等をまとめました。

よろしかったらこちらからご覧ください。

カテゴリー「シリア人の友人のこと、シリア関係」↓

http://syuklm.exblog.jp/i10/






※タイトル改題し文章手直ししました(2015.12.3)


byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。

筆者が知数少ないアラビア語です。

ここでの出会いと、ここまで読んで下さったことに感謝をこめて。

シュクラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


by shuklm | 2015-12-01 20:51 | シリア人の友人のこと・難民・シリア関係 | Comments(0)

シリア映画「それでも僕は帰る」が、NHKニュース「おはよう日本」で紹介!


今朝のNHKニュースおはよう日本」の特集時間帯にて、シリア映画「それでも僕は帰る」紹介されていました



▼監督が2年間密着取材した、青年バセット。サッカーシリアユース代表から、民主化運動のリーダーに。
b0343370_19460500.jpeg


タラール・デルキ監督のインタビューも交えて現在も続く主人公バセットたち苦しみにもきちんと触れてくれてました。

b0343370_19541522.jpeg

b0343370_19471110.jpeg
b0343370_19472369.jpeg
b0343370_19543623.jpeg
b0343370_19545353.jpeg
b0343370_19481764.jpeg
b0343370_19513343.jpeg
b0343370_19550915.jpeg
b0343370_19520378.jpeg
b0343370_19523822.jpeg
b0343370_19530482.jpeg
b0343370_19531718.jpeg
b0343370_19533945.jpeg
b0343370_19535177.jpeg


映画ダイジェストのように、内容もコンパクトにまとめられていました。

「朝からやるじゃんNHK!!」と、嬉しくなって、思わず報告させていただいた次第です。



日本公開に奔走された配給会社の取締役さんによると、「以前、九州方面だけ流れたものが、全国でも流れたようでです。嬉しい出来事です!!」とのこと。






ちなみに、この6時からの時間帯の特集って、結構重い話題もコンスタントに取り上げてるんですよね。

「トルコと日本の100年の友情」の話を知ったのもこの枠でした。


地道に頑張ってる現場を応援したいと思います!





******


「それでも僕は帰る」、 まだまだ各地で上映中!!

自主上映会も広がっています!!



映画『それでも僕は帰る 〜シリア 若者たちが求め続けたふるさと〜』公式サイト↓

http://unitedpeople.jp/homs/

FB公式ページ↓

https://www.facebook.com/soredemo.kaeru?fref=photo

市民上映会開催受付中! ↓

https://www.cinemo.info/jisyu.html?ck=37




なお、劇場公開及び市民上映会の売り上げの1%が、

シリア支援をしている3団体に3年間寄付されます。

映画を観るだけで、継続的なシリアへの支援になります!



寄付先団体

セーブ・ザ・チルドレン(シリア周辺国にいるシリア人難民の子供達支援)

難民支援協会(日本に難民認定を求め、逃れてきたシリア人を支援)

アムネスティ・インターナショナル(シリアも含めた人権保護)




【当ブログ内関連記事】

シリア人留学生の言葉2。イラク攻撃直前にきいた、「イラクと独裁者と中東の民主化」のこと。↓

http://syuklm.exblog.jp/24177306/

シリア人留学生の言葉3。友人が日本を去る時に語ったことは。↓

http://syuklm.exblog.jp/24196766/

【時事】日本へ逃れてきたシリア人が難民認定されない理由。↓

http://syuklm.exblog.jp/24278992


******



byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。

筆者が知数少ないアラビア語です。

ここでの出会いと、ここまで読んで下さったことに感謝をこめて。

シュクラム!



↓よろしかったらポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ


by shuklm | 2015-11-04 20:10 | シリア人の友人のこと・難民・シリア関係 | Comments(0)