オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

2017年 06月 01日 ( 1 )

詩織さん実名告発へのエール。私も詩織ですが、何か? 夜道で襲われそうになったけど、それって女が悪いのか??







著名なジャーナリストから性的被害を受けたことを
実名と素顔を出して告発した「詩織さん」に対して、
「全国の詩織さんに謝れ!」という批判があると知り、
どうにもいてもたっても居られず書きます。


私、本名が同じ詩織なんです。


それだけでも、とても他人事とは思えませんでした。
悔しい思いをしているのは貴方だけじゃない。
それを何とか表明しなくてはならんと思いました。


まずは自分の体験を明らかにすることから。
(時間がないため長文ですみません)


私は実際の性的被害としては未遂でしたが、
未遂の状況の詳細が出てきますので、
具合が悪くなりそうな方はムリせず閉じてくださいね。





◆連続レイプ犯にやられかかる◆



女子大生だった頃(私にもそんな時期があったんです)、
アルバイトの帰り道、後ろから首を絞められて
ヤラレそうになったことがあります。



時間的には午後10時半から11時の間くらい。
大学の講義の後、夕方から書店バイトの
遅番シフトに入って店を閉め、
駅から歩いて帰ってきて、
あと1メートル先を曲がれば実家の敷地に入る、
というタイミングでした。

身に着けていたマフラーを後ろから緩く絞められ、
てっきり妹がふざけてるんだろうと思って
振り返ろうと思った瞬間、
突然道路に押し倒されました。


反射的に「ぎゃああああああああああ」と
演劇部仕込みの大声を張り上げながら、
顔を見てやろうとしてもがくと、
髪を掴まれてアスファルトの道路に
頭をガンガン何度も叩きつけられ、
何度も何度も脳裏に火花が散りました。


なんとか仰向けになって相手の顔が
視界に入った瞬間、その男性は
飛び上がって脱兎のごとく逃走。
「待てコラアァアア!!」と
すぐさま起き上がって
全力で追いすがりましたが、
角を曲がったところで見失い、
やむなく、悔し涙でグシャグシャになったまま帰宅しました。


脱がされるまでは至っていませんでしたが、
手で触っても頭の形が変わっているのが
わかるくらいボコボコにされた状態でした。





◆ショックだったのは油断してたことより、周囲の言葉◆



玄関を上がったところにある宅電で
すぐ110番通報すると、
ほどなくパトカーが到着。

最近、近所で連続被害があったために、
ちょうど警戒している最中だったとのこと。
いずれも、自宅直前で気が緩んだ瞬間を
狙って後ろから引き倒すという手口だったと。


夜の独り歩きをしてもそんな被害は今までなかった
比較的治安が良いとされてきた地域だったので
自分も完全に油断していました。


そのままパトカーで警察署へ移動し、
調書や写真を撮られて、
相手の人相を聴取された時、

「顔が見えた瞬間は、
ちょうど街灯の真下で逆光になってて、
ハッキリわかんなかったです…。
絶対に顔見てやろうとしたんですけど…」と答えると、
お巡りさんからなだめるように言われました。


「ダメだよ、そんなことしたら。危ないでしょ」。


その一言にショックを受けました。



「なにそれ?危ないから抵抗するなってこと?
黙ってヤラレてればよかったってこと??
相手は悪くないの??
女の方が悪いってこと???」


お巡りさん的には人命第一で、
悪気ない労りの言葉だったのでしょうが、
その瞬間の自分には、
相手の行為を容認するようにしか聴こえませんでした。



母親からも同じことを言われ、
「だから言ったでしょう、危ないから
夕方からのバイトなんてやめなさいって。
こんな遅い時間に帰ってくるからよ」。

それも心配してのことだったのでしょうが、
完全にキャパオーバー。



「もういいよ!!」
自室のドアを乱暴に閉めて、
明け方まで毛布を噛んで
声を殺し続けました。



実際にヤラレた訳でもないし、
処女だったわけでもない。
大したことじゃないのに、
なんでこんなに涙が止まらないのか?


油断してた自分にも悔しい。
確かに殺されるよりかはマシだったのかもしれない。
でも気を付けない女の方が悪いっていう論理が悔しい。
腕力ではどうやっても叶わないのが悔しい。
そう言われても相手を罰することも出来ないのも悔しい。
あれだけ大声で叫んだのに誰も出てきて助けてくれなかったことも。



この体験は、当時付き合っていた彼氏にも言えませんでした。
「危ないから辞めろ」と言われるのがわかっていたから。



もしもこれが1人暮らしだったらどうだったろうか。

「そんな危ない思いをするくらいなら
帰って来なさい」とか親に言われる
のがわかってるから、
もっと言えなくなるんじゃないだろうか。

通報すらできない人もいるんじゃないか。





◆過去の自分に「ありがとう」と言える日が来るように。◆




しばらくの間、マフラーやショールなど
首に巻く物が身に着けられませんでした。
マフラーをすると首のあたりや呼吸が苦しくなるため、
どんなに寒くてもYシャツやブラウスで、
しょっちゅう風邪をひいていました。



いつの間にかそれが平気になったのは、
その体験を話すことができた連れ合いと出会えたり、
セクシュアリティについての話ができる
LGBTの友人を持ったことが大きかった。


友人とは、
「危ないから夜出歩くなってさ、
夜10時以降は女性は外出禁止!とかに
すりゃいいってこと?
それっておかしくね?

オトコの方を外出禁止にすべきじゃね?

もしくは、外出してもいいけど、
男子全員、鋼鉄の貞操帯装着すべし!とかさ(笑)」

といった冗談を交わしたりして、
気がつくとマフラーはOKになっていました。



告発したわけでもないけれど、
それでも笑えるようになるまで
10年単位の時間が必要でした。


たとえヤラレてなくても、
あれは「大したこと」だったのだと。




ましてや、実名で告発して
物凄いバッシングを受けている
「詩織さん」の心傷が癒えるまで、
いったいどれほどかかるのか。

それを覚悟であえて踏み切った
彼女の勇気に、心からのエールを贈りたい。


それでもいつか、過去の自分に、
「ありがとう」と言える日が、
きっと、来る。


必ず、来る。



詩織さんにもそう思える日が、
きっと来ますように。

勇気を出して、
告発して良かったと。




その日を迎えられるように、
私たちの側が踏ん張るべきことがあると思うんです。


セカンドレイプを絶対許さないってこと。
合意がなければ犯罪だってこと。


罪の根拠になるのは法律だし、
裁くのは裁判所なので、
今の時点で周囲がヒステリックに
「強姦魔」と断罪するのも違うと思う。

だけど、自分で申告して
どんな目に遭ったのか説明しないと
罪に問うことができない今の法律は、
被害者に泣き寝入りを強いるもの。


これは変えるべきだと思います。


相手がどんなに社会的地位があろうが、
どんな「いい人」だろうが、関係ない。

駄目なものはダメ。



そういう世の中に変えていきましょうよ。

誰も泣き寝入りしなくてもすむように。

誰もが自分を損なわれることなく、暮らしていけるように。





byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
by shuklm | 2017-06-01 08:25 | 沖縄・原発・震災・福祉など | Comments(0)