オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

首相答弁・沖縄の基地の軍事的必然性はなかった!→ゼロベースで考える契機に





■首相自ら、沖縄の基地の必然性はないと認めた■







b0343370_21450102.png


▲琉球新報2018年2月3日付/

首相「本土の理解得られぬ」 沖縄基地移設巡り答弁




”安倍晋三首相は2日の衆院予算委員会で、

沖縄の基地負担軽減について

「日米間の調整が難航したり、

移設先となる本土の理解が得られないなど、

さまざまな事情で目に見える成果が

出なかったのが事実だ」との認識を示した。



安倍首相が米軍普天間飛行場など

在沖縄基地の県内移設の理由に

「本土の理解が得られない」ことを挙げたのは初めて。”


貼り付け元 <https://ryukyushimpo.jp/news/entry-658371.html>







沖縄で何度も繰り返される、米軍の

オスプレイやヘリの「不時着」等の事故。



首相は「国民の命とくらしを守る」と

繰り返し主張していますが、

「日本を取り戻すという(言葉に)

沖縄は入っているのか?」と

阿部知子議員(立憲民主党)から質問されて

国会で安倍首相は答弁しました。





「地元の理解が得られない」、と。





これ、物凄いことですよね??



日本の首相で初めてじゃないですか。


沖縄の基地負担が続くのは、

軍事的・地理的戦略的必然性ではなく、

政治的理由であると、首相自ら認めた。




安倍政権がどれだけ差別的で酷いか、

ということを強調したいのではありません。




10年前、当時の鳩山由紀夫首相は

県外移設を掲げながら実現できず、

戦略的必然性から沖縄に置かざる

得ないとの結論に至って政権を辞しました。




それくらい動かしがたいとされてきた

根拠が、実はそうではなかった。

今までの前提が全部ひっくり返った、

ということです。





もともとアメリカ政府はずっと、

「基地をどこに置くかは日本の選択だ」

というスタンスでした。



もはや一方的に沖縄に我慢してください、

という根拠はもうない。



政治的な判断で変えられる、

ゼロベースで考えることができる。

その根拠に使いましょう。







■「基地受け入れ容認」は民意ではない。■





直近の名護市長選挙では、

辺野古への基地移設反対を掲げてきた

現職の稲嶺進さんが敗れました。



しかし確認しておきたいのは、

「移設賛成が支持された」という

わけではない、ということです。



実際、市長選で勝利した渡具知氏は、

「海兵隊の県外・国外移設」を掲げ、

公明県連の支持を取り付けました。



公明県本部が渡具知氏に推薦状 

「海兵隊の県外・国外移転」盛り込んだ政策協定結ぶ

琉球新報2017年12月28日

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-638833.html




この案に、自民党県連も県議会で賛成しています。





地元紙の出口調査でも、辺野古移設反対は

64.4%にも上っていました。






またたとえば、

▼神奈川新聞2018年2月10日付論説

b0343370_21393438.jpg


沖縄の基地負担縮小を求め、直接

対米ロビー活動を展開してきた猿田さんの

「交付金前提の切り崩し」


辺野古で住民らの意見を聞く調査を続け、

渡具知陣営事務所で当選を迎えた熊本さんの

「市民、反対に疲れ諦め」




それぞれの解説からも浮かび上がっています。

(後日、神奈川新聞ネット版にも

上がると思いますのでぜひチェックを!)








#ありがとうススムさんだけでは終われない■





敗れた稲嶺進さんが

名護市庁舎を去る退任の日、

花道を作った市民から胴上げされて

見送られたそうです。




稲嶺ススム応援ピープル @susumu_ganbaru

https://twitter.com/susumu_ganbaru/status/961213904448729089

b0343370_21394735.png





そして忘れたくないショットを

最後に貼り付けさせていただきます。



写真は沖縄在住のジャーナリスト

渡瀬夏彦さんFacebook2月5日付より。

ご本人快諾を得て転載させていただきます▼

b0343370_21401038.png
b0343370_21402608.png





この子供たちが、

オスプレイ墜落などの

基地被害の心配なく、

普通に安心して生活できるようにしたいから

反対していただけ。





それが「国の姿勢に盾突くこと」

だというのなら、

やっぱり「国の姿勢」がおかしいのです。





だから、

#ありがとうススムさんだけでは終われない、



終わらせたくないのです。







#名護市長選 #未来へススム 

#稲嶺進 #不屈 

#ススムさんありがとう



【当ブログ内関連記事】

基地依存を脱したスゴイ政治家・稲嶺ススムさんを応援しよう!本日23:59まで超拡散を!

【拡散希望】これ以上誰も泣かずにすむように。”歩き続けろ 夜が終わるまで”by大袈裟太郎さん ※リンク追加アリ※



【関連カテゴリー】

沖縄・原発・震災など

沖縄ビギナーのアナタに。




byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
by shuklm | 2018-02-11 22:08 | 沖縄・原発・震災など | Comments(0)