オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

地位協定にまつわる誤解その1・「9条がある限りアメリカと対等になれない」??→いやいやソレ改定と関係ないから!









「日米地位協定の改定」をライフワークと公言されている

伊勢崎賢治さんからの指摘。


まさにココが要諦!!と思いましたので、

シェアさせていただきます。



■「9条があって軍を持てないから、

日本はアメリカと対等になれない」は本当か??■




***伊勢崎賢治さんFBより************



Kenji Isezaki

2016.12.7


愛国者のみなさん。

対等な関係になってこその日米同盟です。


世界的にも異常なこの「在日特権」を

是正するため立ち上がりましょう!



日米地位協定の改定について、このような発言をすると、

日本が「軍」を持たない限りいくら何言ったってダメ、

という反応があります。


つまり、9条があるかぎり、

アメリカと対等になれない、という理屈です。


同盟を、軍事同盟、つまりmilitary allianceとするならば

(僕の米軍関係者の友人のサークルの中では、

日米のそれはsecurityallianceと、区別して呼ぶ向きがあります)、


同盟とは「交戦」できる国家同士のあつまりですから、

「交戦」を否定する9条がある限り、

日本はアメリカと対等になることはないのでしょう。


でも、アメリカの関係公式文書を読む限り

(集英社から地位協定の共著を執筆中で調査中)、


100以上もあると言われているアメリカが結ぶ

様々な地位協定の「改定」にかかわる要件については、

日本が交戦国になれないことでアメリカが

日米地位協定を特別視する記述は見当たりません。



アメリカ政府には、Global SOFA Templateという、

地位協定の交渉における標準の雛形があります。


アメリカの国益を最大限に追求した内容ですが、

アメリカ自身が、無理筋、つまり

「こんなの、受け入れ国が全部呑むわけねえ」と

認めている代物で、あまりにも国際外交の現実から離れていると、

これの運用を変える議論がアメリカ政府内であるのです。


地位協定の運用においてアメリカ政府が一番気を遣っているのは、

受け入れ国の「国民感情」です。


特に、「事故」が起きた時の。



だから、Global SOFA Templateから、どこまで譲歩できるかを、

真剣に議論しているのです。


日本では、事故が起こっても

「国民運動」の引き金となることはなく

「沖縄の問題」で終わってしまう。


アメリカが締結している地位協定は数あれど

改定がないのは日米地位協定だけであり、

その内容はGlobal SOFA Templateそのものです。



貼り付け元 <https://www.facebook.com/profile.php?id=100004018046931>




**シェアココまで******************





アメリカ国内でも、「さすがにコレ無理だべ?」と

地位協定運用の見直し議論があるんですね!


それがそのまままかり通っちゃってる日米地位協定は、

どんだけスペシャルな「在日特権」なの??ってこと。



むしろアメリカ政府が一番気にしているのは、

受入れ国の「国民感情」、

特に、事故時の反応なんだと。



交戦権を持ってるかどうかは関係ない!

ソコじゃないんです。




だから、ホントに私たち国民次第なんだと思います。


「守ってもらってるから何も言えない」って、奴隷ですか??



これは、独立した国家として当然の権利を主張できるか、というモンダイ。



まさにいま、「沖縄の問題」だけに終わらしてはいけないのだと思います。






【当ブログ内関連記事】


モンダイは、日米安保ではなく地位協定。いくらなんでも71年も治外法権はないでしょ!▼

http://syuklm.exblog.jp/26478124/


元海兵隊員も「危険を感じた」オスプレイは、日本の防衛と関係ナシ!今すぐ配備中止を。▼

http://syuklm.exblog.jp/26455896/


元アメリカ兵と行く神奈川の米軍基地part1・厚木基地;爆撃機の訓練場/直近に遊び場・民家・国道が…▼

http://syuklm.exblog.jp/26448135/





byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
by shuklm | 2016-12-18 20:54 | 安保法・安全保障・日米関係/戦争と平和 | Comments(0)