オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

【採録】元アメリカ兵が語る戦場リアルpart3・今も兵士を苛む戦争の記憶。PTSDから回復する力を与えてくれた2つのこと。





イラク戦争で多くの人を傷つけ、

友人を喪い、深刻なPTSDを負いながら、

10年かかって回復して、

いまは平和のために自分の体験を語る活動を

続けるマイク・ヘインズさん▼


b0343370_15192693.jpg




■今も自ら命を絶つ帰還兵がいる■





帰国してから元の生活に戻るのに、

非常に困難がありました。



帰還後、行く先々で皆が、

「君を誇りに思う」、

「兵士として国のために戦ったことに感謝する」

と言って称賛し、英雄としてもち上げてくれるのですが、


私は「自分は軍産複合体のために奉仕していた」

と思いました。






イラク戦争の時、ちょうど私の娘が生まれました。


しかし家庭は壊れ、

私は離婚しかかっていました。






だんだん孤独になっていって、

外界との交流を断つようになりました






多くの帰還兵がPTSDになっています。


退役してから精神を病み、社会復帰できない者も多く、

いまでも毎日、22・23人の帰還兵が自殺しています。



私の友人も…。




自殺者の方が戦死者よりも多いのです。








 

■立ち直る力を与えてくれたのは■






私がこうして戦場での体験を人前で話せるようになるまで、

10年かかりました。




2つの回復が必要でした。





そのひとつ目は、水耕農法でした。


b0343370_15195265.jpg


私は自分で野菜を作り、命を育て創造することで、

少しずつ回復していきました。


収穫期にはたくさんの野菜が採れて、

それを隣人と分け合うことで、

地域コミュニティの一員となっていくことが出来たのです。






2つ目は、この「ベテランズ・フォー・ピース」

活動に参加することでした。


ベトナムやイラクなどのアメリカの戦争を体験した

元兵士たち等が集っている、

平和を求める退役軍人の会です。





2年前にべテランズに参加し、

同じ体験をした者同志それをシェアし、

自分の過去と向き合いました。



最初に怒りが湧き、非難の感情が起こり、

様々な段階を経て、そのあとようやく

人に語れるようになりました。






PTSDから脱するためには、

負のエネルギーを正のエネルギーに

変える必要があります。





b0343370_15213094.jpg


Photo by ベテランズ・フォー・ピース(Veterans for Peace)





「ベテランズ・フォー・ピース」の仲間たちと、

沖縄にも行きました。




辺野古や高江の基地建設反対の座り込みにも参加し、

現地の人たちと交流しました。




そうした活動が、私をポジティブな活動をするよう変えてくれたのです。





【続きます】





※「平和を求めるアメリカの退役軍人の会 ベテランズ・フォー・ピース」全国スピーキングツアー

20161127日横須賀産業交流プラザにて開催・

交流集会でのトークより

再構成・採録を数回に分けてお届けします


(通訳:ピースデポ研究員 山口大輔さん) 

※一部しゅくらむの意訳が入っておりますことお許しください





■ベテランズ・フォー・ピース(Veterans for Peace)とは?!

ベテランズフォーピースは退役軍人、軍人の家族、同志で構成される国際組織です。

平和の文化を構築し、戦争の真のコストを露出させ、戦争の傷を癒すことに専念しています。

ネットワークは、米国および海外全体で120以上の支部で構成されています。

公式サイト:

https://www.veteransforpeace.org/


■今回のVFP全国スピーキングツアー企画;

ベテランズ・フォー・ピース 2016/11 来日ツアー実行委員会

OVERSEAs(安保法制に反対する海外関係者の会)

https://www.facebook.com/events/1788504961423362/





【当ブログ内関連記事】

【採録】元アメリカ兵が語る戦場リアルPart1・なぜ自分はイラク戦争に行ったのか?

http://syuklm.exblog.jp/26421959/


【採録】元アメリカ兵が語る戦場リアルPartイラク戦争で直面した現実「自分こそがテロだった」。

http://syuklm.exblog.jp/26424625/





byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
by shuklm | 2016-12-03 15:29 | 元兵士が語る戦場リアル | Comments(0)