オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

トランプのちゃぶ台返し⇒ピンチをチャンスに変えたい・その2。「心変わり」した相手に依存しないで生きてく道を探そう。





「クリントン大統領就任後、最速で首脳会談を」と

ダンドリしてた日本政府が、

トランプ大統領誕生という大番狂わせに、

「価値観を共有してる」と言い募り、

なおもアメリカを振り向かせるために

TPPを強行しようとしてるんですが。




それってさ、突然心変わりしちゃった相手に、

「それでもずっと尽くして信じてついていくしかない」って

一方的に必死にラブコールしてるような。



なんかね、個人的にかなりイタイ図を思い出してしまうんですわ。




「だってあの人がいないとどうやって生活していくの??

子供はどうやって養うの??

離婚できるわけないでしょう!!」って、


子供を言い訳にして夫にしがみついて専業主婦だった

かつての自分の母の姿がダブるんです。




「アメリカのご機嫌損ねてどうやって経済やっていくんだ?

アメリカに守ってもらわないでどうやって安全保障するんだ??」って。




いやあのねえ、どんなに尽くして良くしたって、

いつまでも庇護してくれるとは限らないでしょ。

(もともと孤立主義の国だし)


関係が終わるときは終わるし、

捨てられるときは捨てられるよ。

(自分が捨てる場合もあるが)



それに依存して左右される人生って辛くない??




「だから女は皆みんな一人前の仕事を持つべきだ」とか、

「男並みに死ぬほど働いて稼いで自立せよ」とか

(アメリカをアテにしないで独自武装せよ、最後は核武装だ!!)

なんて、マッチョなこと言いたいわけじゃないですよ。



もうちょっと相手に依存しないで、

いろんな人に助けてもらいながら、

自分の力を活かして生きる道もあるんじゃない??ってこと。


なんでもかんでも独立採算・自己完結しようとするから無理が来る。







日本の独自性を活かす道って、あると思うんです。


ちょっと外に目を向ければ、

日本の味方や友人はアメリカだけじゃないよ。



実際に私が出会ったり見聞きしたりした、

中東・イスラム・アラブなどの人たちが異口同音に語っていたこと。




「私たちは日本を心の支えにしている。


あれほど悲惨な戦争によって廃墟になりながらも、

立ち直ってきたからだ。


私達も、いつか必ず日本のように再生する」と

語っていたパレスチナの人たち。



「日本の基地がなければ、アメリカは

世界中で好き勝手に戦争をすることはできません。


日本の友人の皆さんの力を貸してほしい」と

訴えていたイラク人。



「アジアの兄弟の皆さん」と呼びかけてくれたアフガン人。



「日本は『戦争をしない特別な国』でしょ?

だから間違わないでほしいんだ」と

語っていたシリア人の友人…。




日本の強みやアドバンテージは、間違いなくある。


アメリカでもヨーロッパでもない、

キリスト教でもユダヤ教でもイスラム教でもない、

「70年間曲がりなりにも一度も対外戦争をしなかった経済大国」という独自の位置がある。



それは実はかなり「美しい誤解」も含まれてるんだけれども、

それも含めて、使えるカードはフルに活用すべきだと思う。








いや別にだからと言って、今すぐ離婚しろとか

(日米同盟解体!日米安保即時破棄!!)

なんて言うつもりはありませんよ。



ただね、今後のハナシ。



政治的にも、経済的にも、精神的にも

少しずつ距離を取って、

自分で立てる力を少しずつ蓄えていく。


これから先の「下り坂」の時代に、

自分で自分のケツが拭けるように、

ちょっとずつ就活・終活・生涯学習してく。



そういうことが必要なんじゃないでしょうか??



「私の人生、こんなはずじゃなかった。

信じて尽くしてきた時間を返してよ!!」

なんてことにならないように。



と、人生折り返しを過ぎたアラフィフ女としては

思うところなのであります、ハイ。





【当ブログ内関連記事】


「トランプ大統領誕生」のリアルホラー。ピンチをチャンスに変えたい3つのこと。↓

http://syuklm.exblog.jp/26365388/


トランプのちゃぶ台返し。ピンチをチャンスに変えたい・その3。

ぶっちゃけ安全保障考える機会に!おススメリアル本はコレ!!。↓

http://syuklm.exblog.jp/26370811/


何、約束しちゃってんの?「アメリカとの一体化」はリスクヘッジとしてもブランディングとしても下策

http://syuklm.exblog.jp/24428068/


「日本の友人たちよ、道を誤ってくれるな」。日本人だからこそ出来ることがあると教えてくれた、”中東からの眼差し”。↓

http://syuklm.exblog.jp/24109189/





byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
by shuklm | 2016-11-10 20:08 | 安保法・安全保障・日米関係/戦争と平和 | Comments(0)