オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

9月のEテレ必見!「関東大震災と朝鮮人の悲劇」、中村哲さん、満州開拓団、そしてホロコーストのリハーサル。




Eテレ、頑張ってます!

9月は力作、目白押し。



http://www4.nhk.or.jp/etv21c/


ヘイトが吹き荒れる今だからこそ、見ておきたい。

そして勇気ある制作現場を応援したいです!





****シェアココから***********




■本日放送!!


93日(土)23時~NHKEテレ1 午後1100分~ 午前000

再放送10日(土)0時~(金曜深夜)

ETV特集「関東大震災と朝鮮人悲劇はなぜ起きたのか」

1923年の関東大震災。

混乱のなか流言が広がり、多くの朝鮮人が殺害された。

悲劇はなぜ起きたのか。

中央防災会議は2009年に国の機関として初めて事件を分析、報告書にまとめた。

それによると軍や警察、新聞も一時は流言の伝達に関与していた。

また裁判記録の研究が進み、

自警団などが殺害に至った経緯も明らかになってきた。

番組では、司法省の一次資料や民間の聞き取り調査などをもとに

事件の社会的背景を探っていく。

(語り 濱中博久 ディレクター 奥秋聡)




910


「武器ではなく 命の水を~医師・中村哲とアフガニスタン~」


アメリカ同時多発テロから15年。

今も戦乱の続くアフガニスタンで干ばつと闘う日本人がいる。

医師・中村哲(69)。

「武器や戦車では解決しない。農業復活こそがアフガン復興の礎だ」。

中村は白衣を脱ぎ、用水路の建設に乗り出した。

15年たったいま、干ばつの大地には緑がよみがえり、

人々の平穏な営みが再び始まろうとしている。

戦乱の地アフガニスタンに必要な支援とは何か。

15年にわたる中村の不屈の歩みを通して考える。




917


アンコール▽忘れられた人々の肖像~画家・諏訪敦“満州難民”を描く


諏訪の父は昭和20年、家族とともに旧満州へ渡った。

3か月後にソ連軍が侵攻、たどり着いたハルビンの収容所で母と弟を失くす。

父は8歳だった。

諏訪は17年前に亡くなった父の手記で初めてそれを知る。

父の無念と苦しみを受け止め「忘れられた人々」を絵でよみがえらせたい。

開拓団にいた人を訪ね、中国の現地を旅した諏訪。

死んでいく祖母の姿をカンバスの中で再現しようと格闘を始めた。

2か月に渡る創作のプロセスを追う。




924日 


アンコール「ホロコーストのリハーサル~障害者虐殺70年目の真実」


ユダヤ人大虐殺に比べて、表だって語られてこなかった障害者の虐殺。

終戦から70年たち、事実に向き合う動きが始まっている。

きっかけの一つは5年前、

ドイツ精神医学精神療法神経学会が長年の沈黙を破り、

過去に患者の殺害に関わったと謝罪したこと。

学会は専門家に調査を依頼、この秋、報告書がまとまった。

何があったのか。

日本の障害者運動を率いてきた藤井克徳さん(自身は視覚障害)が現場を訪ねる。

語りは大竹しのぶさん。




*****シェアココまで*******





【当ブログ内関連記事】


【時事】ナイジェリアで「自爆を疑い、市民が少女を殺害」。事件が投げかけるもの。

http://syuklm.exblog.jp/24212181/


関東大震災93年目に。「虐殺」に走った人と、とめた人を分けたものは?

http://syuklm.exblog.jp/26158073/




byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。
筆者が知る数少ないアラビア語です。
ココでの出会いと、ここまで読んで下さったことに、感謝をこめて。
シュックラム!



↓よろしかったらポチポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

by shuklm | 2016-09-03 14:31 | ホロコースト/ヘイトのこと | Comments(0)