オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

【時事】北朝鮮の核実験・論じられていない安全保障の「穴」。「安保で抑止力高まっていない」。






安全保障の最前線で仕事をしてこられた元防衛官僚・柳沢協二さんが、

北朝鮮核実験があぶり出した日本の安全保障の問題について、

簡潔かつ冷静に指摘されています。






***毎日新聞連載「柳澤協二さんのウォッチ安保法制」1月9日付より要約***






「自衛の措置のため、抑止力を飛躍的に高めるためにどうしても必要だ」と

政府は安保法制を成立させた。



だが、安保法が成立し日米の関係が強化されても、

北朝鮮の核開発は止めることは出来ていない。


それによって抑止力は高まっていない。




単に軍事的に米軍をこう支援する、ということだけではない。


アメリカ頼みでなく、日本にとって問題の解決はなんなのか、

独自に探っていかなくてはならない。




安保法に基づく米軍への支援や集団的自衛権行使では、

国民に被害が及ぶ結果があり得ることも含め、

具体的に国民に説明する責任が政府にはある。




***





柳沢さんは、小泉政権の中枢で、

内閣官房副長官補として、

自衛隊をイラクに派遣する側でした。


現憲法下で派兵できるギリギリのラインで

法整備を担ってきた方です。



その立場から見ても、いまの安保法制は

「アウト」ということです。


抑止力の強化にはなっていないし、

安全保障にもなっていないと。




むしろ集団的自衛権は国民の安全を危うくする、

と主張されています。





その理由については、元現場の超リアルな指摘が著書で詳細読めます。


「亡国の集団的自衛権」20152月発行・集英社新書

b0343370_21201257.jpg




安保法が成立したからおしまい、ではない。


「国民の安全」を真剣に考えるのであれば、

少なくとも、こういう現場からの指摘を

受け止めたうえで議論を深めていく

必要があるのではないでしょうか。





安全保障・自衛隊などは

当ブログの今年のテーマの一つでもありますので、

おいおいちょこちょこ書いてまいります。





なお、この新聞記事の元ネタは、「群青」さんのブログで拝見して知りしました。

ブログはコチラ↓

http://ameblo.jp/gunjyo01/entry-12115943932.html


群青さん、いつもいろいろ学ばせていただいてます。

有難うございます!




byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。

筆者が知数少ないアラビア語です。

ここでの出会いと、ここまで読んで下さったことに感謝をこめて。

シュクラム!



↓よろしかったらポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ


by shuklm | 2016-01-13 21:20 | 安保法・安全保障・日米関係/戦争と平和 | Comments(0)