オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

【シェア】衆院強行採決。忘れないでおきたいこと・その2 。


**シェアココから****


百合 花梨さんのFBより



問題作「エルサレムのアイヒマン―悪の凡庸さについての報告」

(雑誌「ニューヨーカー」連載)哲学者/ハンナ・アーレント


====================================================


ハンナ・アーレントが問いかけたきわめて素朴で本質的な疑問、


つまり大量虐殺の犠牲者となったユダヤ人たちは、

「なぜ時間どおりに指示された場所に集まり、

おとなしく収容所へ向かう汽車にのったのか」


「なぜ抗議の声をあげず、処刑の場所へ行って自分の墓穴を掘り、

裸になって服をきれいにたたんで積み上げ、

射殺されるために整然と並んで横たわったのか」


「なぜ自分たちが15,000人いて、監視兵が数百人しかいなかったとき、

死にものぐるいで彼らに襲いかからなかったのか」



それらはいずれも、まさに現在の日本人自身が問われている問題だといえます。



「なぜ自分たちは、人類史上最悪の原発事故を起こした政党

(自民党)の責任を問わず、翌年(2012年)の選挙で大勝させてしまったのか」


「なぜ自分たちは、子どもたちの健康被害に眼をつぶり、

被曝した土地に被害者を帰還させ、

いままた原発の再稼働を容認しようとしているのか」


「なぜ自分たちは、そのような『民衆を屈服させるメカニズム』について

真正面から議論せず、韓国や中国といった近隣諸国ばかりを

ヒステリックに攻撃しているのか」



そのことについて、

歴史をさかのぼり本質的な議論をしなければならない時期に

きているのです。



貼り付け元 <https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1685425901677268&id=100006296220307&fref=nf&pnref=story>



*****シェアココまで*****




私たち誰もが、

時間どおりに指示された場所に集まり、

おとなしく(強制)収容所へ向かう汽車にのった」ユダヤ人になりうる。


どこかで、引き返すことが出来なかったのか。

どうすれば、回避できたのか。


いままさに与えられている「お題」だと思います。




byしゅくらむ


シュクラムは、アラビア語で「ありがとう」。

筆者が知数少ないアラビア語です。

ここでの出会いと、ここまで読んで下さったことに感謝をこめて。

シュクラム!



↓よろしかったらポチっと押していただけますと励みになります↓

にほんブログ村 旅行ブログ 中東旅行へ   

にほんブログ村   人気ブログランキングへ


by shuklm | 2015-07-16 23:13 | 安保法・安全保障・日米関係 | Comments(0)