オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

syuklm.exblog.jp

【時事】イスラエルが「民主国家」を捨てようとしている?

イスラエルの政治や国家を大きく変えるようなことが進行しています。


ニュースソースは、「アル・ジスル-日本とパレスチナを結ぶ(略称JSR)」発行のメルマガです。

そちらによると、


『クネセト(イスラエル国会)に大変な法案が提出されることになりました。

これが法律になると、イスラエルの「基本法」(憲法に近いもの)が改正(!)され、イスラエル国家の定義「ユダヤ民主国家」(Jewish and democratic countryから、「民主」の文字が消されます。代わって、「ユダヤ人民のネーション・ステート」(the Nation-State of the Jewish People)となるのです。』(原文は末尾に)

つまり、イスラエルは「民主国家」をやめる、と。


曲がりなりにも、「民主的な選挙で政権選んで、民主的な運営してます」っていう建前を維持してきたわけですが、それさえもかなぐり捨てるということを、公然と言ってる。


これには驚きました。これから先、もっと酷いことが起こるんじゃないかと、とても心配になっています。


それにしても、なんで、こんな法案が出てきてしまうのか。自分なりに、考えてみました。



イスラエルの現政権は、リクードと極右政党との連立政権。

前回選挙では、第一会派リクードだけでは過半数を維持できず、躍進した極右と組みました。


「強硬派」リクードよりも、さらに強硬路線を主張する極右に対して、ネタニヤフ首相(リクード党首)は、政権維持のために、常にもっと強硬なことを言わなくちゃいけない構造にあります。「誰が一番強くて頼りがいがあるのか」という競争になっている。



このままいくと、どうなるか。



歴代のイスラエル首相は、皆軍人出身で、ネタニヤフも元イスラエル軍将校。

「中東戦争をリアルタイムで経験した世代」です。


しかし、その後の世代の政治家や、宗教政党は、戦争を経験していません。

(宗教者は、宗教的理由から兵役を免除されているので、自分たちが血を流すことはありません)


ネタニヤフ自身は全く穏健派ではありませんが、もし、次の総選挙で「強硬派」リクード(ネタニヤフ)が負けて、

その後の世代や、もっと強硬な極右がさらに議席を増やすと、「戦争を知らない人々」による、イスラエルで初めての政権が成立することになる。

つまり、「今よりももっと本当に加減を知らない人々」が政権を担当することになる。

ものすごく危険なことだと思います。



次のイスラエル総選挙は、20171月。


それまでに、和平の道筋をつけないと。


ハマスとファタハがパレスチナの統一政権樹立に合意したことで、いまは本当は和平をすすめるチャンスのはずなのです。

今回の法案は、それを後退させてしまう。


時間はあまりない、と思うのです。



関連記事:

814日「ホロコーストを経験したのに、なぜ?」その2 ↓

http://syuklm.exblog.jp/23154936/


***ニュースソース原文引用ここから**********


141124

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛JSRメルマガ

┏━━━━━━━┓

■□ ニュース速報 □■

┗━━━━━━━┛

クネセト(イスラエル国会)に大変な法案が提出されることになりました。これが法律になると、イスラエルの「基本法」(憲法に近いもの)が改正(!)され、イスラエル国家の定義「ユダヤ民主国家」(Jewish and democratic countryから、「民主」の文字が消されます。代わって、「ユダヤ人民のネーション・ステート」(the Nation-State of the Jewish People)となるのです。

ネタニヤーフ政権は、長期にわたり、パレスチナ側との交渉でも、イスラエルを「ユダヤ国家」と認めるよう、再三、迫っていて、パレスチナ側が当然ながら拒否してきました。

この時期に基本法まで変え、国際孤立を深めてまで独自路線を貫こうとするイスラエル右派政権の意図とはなんでしょうか。パレスチナ側との交渉再会はあり得ないというメッセージも、含まれているかも知れません。


**************引用ここまで***


P.S.

「ほぼ、隔日刊 パレスチナ・イスラエル」とうたっておきながら、かなり間が空いてしまいました…申し訳ありません!

それでも見に来て下さる方、ご心配いただいた方に、感謝です。

胃痛でしばらくお休みさせていただいていましたが、無理のない範囲で続けて参ります


byしゅくらむ

by shuklm | 2014-11-30 20:19 | 時事・ニュース | Comments(0)